お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男の外見、経済力……結婚に妥協したくないけど、女が結婚に妥協したポイント4選

chan-rie

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

結婚への理想は高くありたいものですが、いつまでも理想を追いかけていられなくなるときがくるかもしれません。場合によっては理想とは真逆の人を選ぶことも……? 実際に妥協して結婚した、もしくは妥協して結婚を考えている女性たちは、どういう点を妥協したのでしょう? 話を聞いてみました。

イケメン以外は絶対に無理→結婚にはお金が大事

「昔はイケメンとしか結婚する気がなかった。だけど、これまで出会ったイケメンは中身がともなっていなくて経済力もない人ばっかりだった。それからは顔がタイプじゃなくてもお金を持っている人を探すようになり、今の旦那と結婚。顔はタイプじゃないけれど、いい暮らしができているので満足」(29歳/アパレル)

結婚となると、やはり相手の収入は気になるところ。イケメンか経済力か……どちらが本当に自分を幸せにしてくれるのか考えた結果のようです。

同い年の男性が理想→超年上男性が持つ包容力に揺れた

「同い年の男性と若いうちに結婚して早く子どもをつくるのが夢だったけど、結婚してもいいと思える人がいなかった。だけど最近は15歳も年上の上司に惹かれはじめている。経済力も包容力もあるので、結婚したら幸せになれそう」(24歳/広告)

同い年夫婦にもあこがれますが、超年上男性ならではの魅力もありますよね。老後のことまで考えると、これは究極の選択になりそう。

高年収ゲットで派手な生活→共働きでつつましく

「結婚したら仕事をやめて主婦業に専念したいと思っていたけど、今の旦那はフリーランスで収入が安定せず、むしろ年収は私のほうが上。もともとは高年収狙いだったけど、彼のことが好きだから一緒にがんばろうと決意」(28歳/金融)

共働きを求める男性が増加傾向のなか、専業主婦という選択は、少数派になっている気がします。

クールな男性にドキドキしたい→抜群のお笑いセンスを持つ男性と和やかに

「綾野剛みたいなクールな男性が好きで実際に付き合ったこともあるけど、緊張して素の自分が出せなかった。最近出会ったお笑い好きの男性と飲みに行ったら、会話が弾んでおもしろかったこともあり、結婚をするならこういう人なのかもと思った」(26歳/IT)

あまりに理想の男性像にドンピシャな場合は、自分を出せずに無理をしてしまう可能性も。素直な自分でいられる人のほうが結婚してからも幸せに過ごせそうですね。

理想を追い求めすぎて、もしかしたら結婚のチャンスを逃している可能性もあります。「妥協した」というと、マイナスに聞こえるかもしれませんが、プラスに考えると「自分自身が変に無理をしなくなった」といえるのかもしれません。

※画像は本文と関係ありません

(chan-rie+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]