お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】かわいく見られたい!? 好きな男性の前で、酔ったふりをした経験3つ

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

「あざといな〜」という自覚があっても、ついつい好きな人の前だとやってしまうことってありますよね。お酒の席に彼と居合わせたときに酔ったふりをしてしまうこともそのひとつ。そこで今回は、女性たちに、好きな男性の前で酔ったふりをした経験について聞いてみました。

好きな男性の前で、酔ったふりをした経験 ※イラスト:森もり子、書き下ろし

■彼に触れたくて……

・「酔ったふりをして甘えて、キスをねだった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「酔ったふりをして、ボディータッチをしてかわいこぶった。男はボディータッチに弱いと思うから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「くっつくきっかけがほしくて、ちょっと酔ったふりをしてもたれかかってみた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「甘えたくなり、酔ったふりをして肩に頭をよせ、目を閉じて眠ったふりをした」(32歳/医療・福祉/専門職)

男性って、女性からのボディータッチに弱いと言われます。飲み会などの最中、アピールしたい彼がいるのに、なかなかそのチャンスがつかめないときは、酔ったふりをして触れてみるのもひとつの手かも。

■もっと深い仲になりたくて……

・「酔ったふりをした勢いで告白してしまった」(23歳/金融・証券/専門職)

・「元彼と戻りたくて、酔ったふりをして誘って復縁した」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「帰りたくないと思ったとき、酔ってしまった〜と甘えてしまった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

こちらはさらに踏み込んでいます。酔った勢いで彼との一線を越えてしまうのは、大人の女性の駆け引きとしてありかもしれませんが、「酔ったゆえのあやまち」と彼が思ってしまわないように気をつけたいですね。

■かわいく見られたい!

・「けっこう強いので、人に合わせて飲んでても酔わない。そろそろ酔わないと引かれるかな、という量で酔ったふりをする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「一緒にお酒を飲んだときに、かわいく見られたくて酔ったふりをして甘えた」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お酒に強くてまったく酔わない女性よりも、お酒は飲めるけど酔いやすい女性のほうが、男性からすると好感度が非常に高そう。そこを狙って、彼の前で「酔っちゃったアピールをする女子も。

女性たちが好きな男性の前で酔ったふりをしてしまった理由の数々、いかがでしたか? 好きな彼にアプローチするため、時にはお酒の力を使うことも有効です。しかし、ただの酔っぱらいの行いと片づけられないように、慎重にアピールしてくださいね!

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数152件(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]