お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ただの“仲が良い女友だち”なんてもういや! 女友だちから恋愛対象になるためのテクニックって?

ファナティック

私は彼に対して好意を持っているけれど、彼は私のことをただの女友達だと思っているみたい……。一度女友達だという認識を持たれると、そこから恋愛対象へ昇格することは意外にも難しいもの。そこで、女友達から抜け出すためのテクニックを、社会人の女性に聞いてみました。

女を意識させる行動

・「2人で飲みに行って、ボディタッチとかあると意識すると思う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「2人になったときにいつもと違う女らしい態度を見せるとクラっとくるそうです」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

女友達として見ているのはいわば女を感じていない状態です。そこから抜け出すには「やっぱり女なんだな」と認識させる行動を取る必要があります。親しい間柄だけに少し大胆な行動を取ってみてもいいでしょう。

強制的にデートへ持っていく

・「2人きりでムードのあるレストランへ出かけてみることです」(31歳/その他/その他)

・「2人きりで遊びに行く。回数を重ねていくとだんだんデートっぽくなるから」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

「これはカップルじゃなきゃしないことだよね」と思わせる作戦です。食事をファストフードからレストランへ、買い物も荷物持ち要員から彼の買い物に付き合うなど、カップルらしいデートへと徐々にシフトしていきましょう。

虎視眈々(たんたん)とタイミングを狙う

・「周りの経験上、友達でも弱っているときにつけ込むと、恋が実ったり一晩の関係が持てる気がします」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「偶然を装う言動をおこす」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼が彼女と別れた瞬間を狙ったことがある女性も多いでしょう。人間は自分が弱っているときに優しくしてくれる人に好意を抱くものです。チャンスが訪れることを信じて静かにそのときを待ちましょう。

彼にだけ作戦

・「相手にしか見せない顔、というのをアピールしてみる」(31歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「個人的な相談を彼だけにする」(28歳/食品・飲料/技術職)

「あなたは私にとって特別な存在ですよ」という気持ちをアピールする作戦です。他の人に見せる顔とはまったく違う一面を見たとき、彼の心には「自分だけが知っている」という優越感が芽生えることでしょう。

友達関係からの恋愛は、それまでの関係が親密であるがゆえに、一度抜け出せばその後は早い展開が期待できます。照れくささや今更感が邪魔をしますが、恋愛対象へと昇格するためにはそれらを打破できる強さが必要なのです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE