お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

約8割の女性が〇〇〇〇! 好きな男性の部屋に行きたいor自分の部屋に来てほしい?

ファナティック

外に出かけるデートもいいですが、2人の仲をじっくりと深めたいなら、やっぱりお家デートが一番です。部屋には、住人の個性が光るもの。まったりとくつろぐ中で、「本当の姿」を知れそうですよね。とはいえ、「自分の部屋」を公開するのは、ちょっと恥ずかしい気持ちもあるもので……。あなたは、彼の部屋に行きたいタイプ? それとも自分の部屋に来てほしいタイプ? 女性たちの本音を調査しました。

Q.好きな男性の部屋に行きたいほう? 自分の部屋に来てほしいほう?

 「好きな男性の部屋に行きたい」……79.5%
 「自分の部屋に来てほしい」……20.5%

圧倒的に人気だったのは、「好きな男性の部屋に行く」という選択肢でした。それぞれを選んだ理由も聞いてみましょう。

<「好きな男性の部屋に行きたい」と思う女性の意見>

■好奇心
・「相手がどんな趣味を持っているのか、どんな間取りの部屋に住んでいるのか気になるので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「どんな部屋か見ることで人柄も垣間見えそうだから」(24歳/機械・精密機器/営業職)

「好きな相手のことは、なんでも知りたい!」と思うのが、多くの女性たちの本音です。どんな部屋でどんな生活をしているのかを知れば、なんとなく気持ちも近づいた気分になるものです。

■気楽です!
・「おもてなししなきゃと思ってしまうので、彼の家に行くほうが、気持ちが楽」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「自分の家をととのえるのが面倒だから」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

人を招く際には、最低限の片付けが必要……。ぶっちゃけそれが面倒だから、彼の部屋で! こんな意見も目立ちました。「女性の部屋は美しくあるべき」という、最低限のプライドなのかもしれませんね。

■乙女心
・「彼氏が帰ってひとりになるといつもの部屋が寂しく感じるから」(32歳/建設・土木/技術職)
・「相手のテリトリーに入れている安心感があるから」(28歳/電機/事務系専門職)

彼のことを好きな気持ちが伝わってくるような意見もありました。こんな気持ちは、素直に彼に伝えてみては? きっと彼もキュンとするはず……!?

では次に、あえて「自分の部屋に来てほしい」と願う女性たちの意見とは?

<「自分の部屋に来てほしい」と思う女性の意見>

■リラックス
・「自分の部屋だと落ち着くし、今住んでいる自分の部屋のほうが外の眺めもいいし広いし、今まで招待した人も落ち着ける場所だから」(27歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「行くのがめんどくさいし、疲れるので。自分の部屋が一番楽」(33歳/金融・証券/専門職)

こちらで目立ったのは、「一番リラックスできるのは、やっぱり自宅」という意見です。最初の恥ずかしささえ乗り越えてしまえば、2人にとって居心地のいい空間になるのかもしれません。

■そこまで尽くせません!
・「相手は何もせずに掃除と料理係が来るもんだと思うようになると思うので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女が通って、家事をするようになれば、彼は甘えるばかりかも!? 気持ちのいいお付き合いを続けるためには、ある程度の「線引き」も重要だと言えそうです。

「自分が行く」のにも「相手に来てもらう」のにも、メリット・デメリットがありますよね。それらを踏まえて、自分たちカップルにはどちらが合っているのか、将来像を考えながら行き来するのも楽しいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE