お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人の醍醐味って……男性は恋愛の駆け引きをどう思う?⇒「仕掛けるタイプ:〇〇%」

大場杏

付き合うまでの過程は、相手の気持ちもわからないので、ドキドキしたりモヤモヤしたり感情が交差しがちですよね。そんな、「片思いしている時が1番楽しい!」というタイプは、あなたのまわりにもいるのでは? そして、男性で過程を楽しむタイプは、恋愛をゲームのように楽しんでるネガティブなイメージがありませんか? 今回は男性に恋愛で「駆け引き」をするかどうか聞いてみました。駆け引きをしていたら、その恋愛はゲーム感覚なのか本命じゃないのかも合わせてコメントをご覧くださいませ!

Q.恋愛における駆け引きは仕掛けるタイプ?

◯仕掛けるタイプ……18%
●仕掛けられるタイプ……9%
◯駆け引きをしない……73%

【「駆け引きを仕掛けられる」派の意見】

■あえて、罠にひっかかる?
・「様子を見てしまう」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「仕掛けられてわくわくしたい」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「自分からは動かない」(31歳/電機/技術職)
・「相手のほうが一枚上手ですね」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

男性が仕掛けられていると、相手はどうしても年上のフェロモンむんむんのお姉さんを想像してしまいがちですが、実際は「年下の女性に振り回されてる自分が好き」という方が多いのかも! ある程度年齢を重ねると貴族の遊びとは言わないまでも、客観視して恋愛を楽しめるようになるみたい。純粋に「向こうが何を考えてるかよくわからないから」流れに身にを任せるという受け身な方も。

【「駆け引きを仕掛ける」派の意見】

■恋愛自体を楽しむ、THE狩猟タイプ
・「恋愛の駆け引きを楽しみたいタイプだから」(33歳/電機/技術職)
・「自分から動かないと何も起こらないから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「そのほうが楽しいから」(28歳/金融・証券/営業職)
・「相手の心を掴むため」(31歳/食品・飲料/技術職)

恋愛を楽しみたいタイプ、または確実に相手を手に入れたい策士は、仕掛ける派になるようです。「がんばりたい」「待っていたら、ほかの人に持っていかれる」と恋愛指南書を読んで実行するかのようなタイプと、「主導権は俺が握る」「無駄な試合はしない」と自信家の恋愛を楽しむ狩猟民族と極端なタイプに真っ二つ。付き合ってからを楽しむタイプと、付き合うまでの過程を楽しむタイプが混在してるのは、興味深いですよね。

【「駆け引きをしない」派の意見】

■恋愛はゲームじゃない。真正面からぶつかりたい!
・「面倒だからありのままで勝負する」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「小細工が苦手だし好きではないから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)
・「必要ない」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「見え透いた駆け引きをやって、墓穴を掘りそうなので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

「直球勝負」「心理戦は苦手」「疲れる」などなど、経験者はこちらに行きつくのかも? 相手の心理作戦にまんまと乗ってしまっていたら、少しだけ彼を疑ってしまいそうですもの。まっすぐな気持ちで向き合いたいけど、相手を手に入れたくてしょうがなければ駆け引きも有効なのは……頭ではわかるけど!

大人の恋愛……ある程度経験を重ねて、余裕があればできる恋愛の駆け引き。10代のころも、少なからず駆け引きはしていましたよね。女性目線としては、駆け引きができるということは、余裕がある現れのような気がしてしまいますが、いかがでしょうか? 男性には経験から来る余裕とは関係なく、恋愛スタイルとして駆け引きがあるように思いました。あなたは好きな人ができたら駆け引きしますか?

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の社会人男性)。

大場杏

編集ディレクター・ライター/医療系出版社で本を2冊担当。その後広告代理店にて商業施設や航空会社、外資系メーカーの広告・販促物全般、カタログ冊子、DMそして連動するWEB制作に従事。趣味はスポーツ観戦と海外旅行とライブ。宇宙や恐竜など壮大なものに惹かれ、わくわくします。

この著者の記事一覧 

SHARE