お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 休日ステキ女子

夏に行きたい観光地といえば? “沖縄”それとも“北海道”? 働く女性の6割が支持したのは……

ファナティック

やっぱり沖縄? それとも北海道?夏の国内旅行の王道といえば、まずみなさんの頭に浮かぶのは、ラベンダー畑が美しい北海道と、青い澄んだ海が広がる沖縄ではないでしょうか? どちらもちがった魅力があり、大人気の観光地ですが、実際にはどちらの方が夏に人気の場所なのでしょう……? そこで今回は世の女性たちを対象に、こんなアンケートを採ってみました!

Q.夏といえばどっちに旅行へ行きたいですか?

「沖縄」……36.3%
「北海道」……63.7%

沖縄が優勢かと思いきや、圧倒的に北海道を支持する声が大きかったです。では、それぞれを選んだ理由を見てみましょう。

<「沖縄」派の意見>

■夏を楽しみたい!

・「夏を満喫できるから」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「夏といえば沖縄だと思うから。きれいな海で遊びたい」(24歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「キレイな海で夏らしくはじけたい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

夏を楽しむ、といえば海! 沖縄はその海を満喫するには絶好の場所です。青く澄んだ美しい海に、この夏買ったばかりの水着で飛び出したいですよね!

■暑さに逆らうな!

・「暑いときに暑い場所に行きたい」(29歳/自動車関連/技術職)

・「夏が似合いそうなので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「暑いときは暑いところへ」(33歳/建設・土木/技術職)

「夏は暑いものだ!」と割り切れば、本州とはまたちがう暑さの沖縄も楽しめるはず。暑いときに暑いのは当たり前。そう思えば、暑さによるイライラも少しは軽減されるかも……?

ではもう一方の北海道を選んだ人たちにはどのような事情があるのでしょうか?

<「北海道」派の意見>

■涼しいのが一番!

・「涼しくて快適に過ごせそうだから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「梅雨がないし、暑くなっても楽しめそうな気が……」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「少しでも涼しい所に行きたい」(26歳/食品・飲料/技術職)

「夏は暑いもの!」といくら頭が納得しても、そこは人間の体。暑すぎれば誰しもバテてしまいます。夏になると、気温を聞くのさえ嫌になる人も珍しくはないでしょう……。北海道に行けば、そんな暑さもしのげるはず……。

■おいしいものが食べたい!

・「おいしいものがあって涼しいからです」(31歳/その他/その他)

・「涼しそうだし、食べ物もおいしいから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「涼しいし海の幸山の幸さらに乳製品などおいしいものもいっぱい。沖縄は暑そう」(33歳/医療・福祉/専門職)

北海道は涼しいだけではなく、オールシーズン通して食の王国。海の幸、山の幸をたっぷり味わいながら、避暑というのもいいですね。

暑い沖縄で「ザ・夏!」を満喫してもいいし、涼しい北海道で日々の猛暑を忘れてもいい……日本国内でも、こんな風に真逆な夏の過ごし方ができるのです。「海外旅行したいけど、ちょっと予算が……」と悩んでいる人はぜひ、国内にも目を向けて、楽しい夏の旅行に繰り出してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]