お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 休日ステキ女子

天体観測VSナイトクルージング! 女子が今年の夏に好きな人と体験してみたいのは……

ファナティック

天体観測VSナイトクルージング! 女子が今年の夏に好きな人と体験してみたいのは昼間のデートは暑さと紫外線との戦いになってしまいますが、夏の夜のデートは、涼しげでいいですよね。すてきなレストランで食事をし、夜景を眺める、という王道コースもいいですが、たまには、非日常な空間を味わうのはいかがでしょうか? そこで今回は世の女性たちにこんな質問をしてみました。

Q.今年の夏に、好きな人と体験してみたいのは次のどっちですか?

「天体観測」……50.5%
「ナイトクルージング」……49.5%

競りましたね! ほぼ半分ずつという結果が出ました。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「天体観測」派の意見>

■都会だとなかなか星を見る機会が……

・「星を見る機会はなかなかないから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「星空を見るなら幻想的かも」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「湖畔などで一晩中ずっと星を眺めるのに憧れるから」(22歳/生保・損保/専門職)

都会と光の少ない田舎では、星の見え方がまったく異なります。夜空を見上げ、「わあ……!」と感動する日も少なくありません。普段、なかなか星を見る機会がない人にはぐっと心惹かれるシチュエーションなのでしょう。

■ロマンティック!

・「野辺山高原で普段は見られない天の川を見て、ロマンチックな気分になりたい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「自然の中でロマンチックな感じがする」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「なんとなくロマンチックな感じがするから」(32歳/不動産/専門職)

何と言っても星空が醸す雰囲気はロマンティック! 日常の喧騒を忘れて、彼と2人、ゆったりとした時間に身を任せてしまいたいものです。

ではもう一方の「ナイトクルージング」を選んだ人にはどのような理由があるのでしょうか?

<「ナイトクルージング」派の意見>

■夜風が気持ちよさそう!

・「デッキでお酒を飲みながらだと気持ちよさそうだから」(28歳/金融・証券/営業職)

・「夜風が気持ちよさそうだし、ロマンチックな気分を味わえそうだから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「風が気持ちよさそうだから」(28歳/食品・飲料/技術職)

海の上、遮るもののない水面を走るクルーザー、それに乗っていれば、涼しい夜風を感じられることは間違いありません。エアコンの涼しい風もいいですが、自然の涼しい風を感じるのもたまにはいいですよね。

■なんだかゴージャス!

・「リッチに過ごしたい」(27歳/不動産/販売職・サービス系)

・「大人の遊びっぽくて楽しそうだから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ちょっとセレブ気分でおいしい料理と夜景を楽しんでみたい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

普通に生活していて、クルーザーに乗る機会なんてなかなかないはずです、だからこそ、彼とのデートでちょっとゴージャスにクルーザーになんて乗りたくなってしまうのです……。

花火大会や浴衣デートもいいですが、たまには趣向を変えて、「ロマンチックな星空デート」や「ゴージャスなクルージングデート」などいかがでしょうか? いつもとちがった刺激的なデートは、この夏、彼と楽しい思い出を作りたい人にぴったりです。2人にとって、特別な夏になるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]