お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 働き方

20代女性は一人でコツコツ働きたい!? 人気の職種は「事務・アシスタント」

「ユーザータイプ分布」と「ユーザー年齢分布: 働き方4タイプ」

ノンキャリアの若年層女性向け総合求人サイト「RUN-WAY」を運営するアウローラは、同サイト掲載の女性向け求人広告データや利用データから、2015年上半期の若年層女性の就業に対する意識・行動の傾向をまとめた。

【女性の46%が管理職希望! 女性のキャリア志向は既婚女性に多い】

同サイトでは、独自の検索機能として4つの「あなたのタイプ」を設定。「人の役に立つのが嬉しい」「人と接するのが好き」「しっかりと稼ぎたい」「一人でコツコツが好き」の4タイプから選択して求人情報を検索する。今回の集計・分析は、この4項目を利用した。

若年層女性が希望する働き方として選択したのは、「一人でコツコツが好き」(35.8%)、次いで「しっかりと稼ぎたい」(31.1%)。「一人でコツコツが好き」タイプでは、25~29歳での割合が37.8%と最も高く、年齢層がやや高めのユーザーに多い傾向と言える。

ユーザーが応募した求人の雇用形態をタイプ別にみると、「一人でコツコツが好き」タイプでは、6割以上が「正社員」を希望。「人と接するのが好き」「人の役に立つのが嬉しい」タイプは、「アルバイト・パート」への応募が「一人でコツコツが好き」タイプと比べて20ポイント以上高く、「正社員」への応募とほぼ同等の応募割合を示した。

「一人でコツコツが好き」タイプが応募する職種は、「事務・アシスタント」(58.4%)、次いて「デザイナー」(8.0%)、「データ入力」(6.6%)。「しっかりと稼ぎたい」タイプは、「事務・アシスタント」(30.1%)に続いて、「営業・企画営業」(14.5%)、「居酒屋店員」(13.8%)を希望する割合が高い。

「人と接するのが好き」「人の役に立つのが嬉しい」タイプでも、最も希望が多いのは「事務・アシスタント」で、次いで「アパレル販売」という結果。客や取引先に感謝されることが仕事のやりがいや楽しいと感じる傾向が見てとれ、希望する働き方のタイプによって、応募する職種や仕事への価値観に違いが表れた。

「応募職種割合: 4タイプ」

(エボル)

お役立ち情報[PR]