お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

こっそり同期とメッセージ……職場で、やる気が落ちたときにしていること4つ

船橋麻貴

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

常にフルパワーで働ければいいものの、ときには仕事のやる気がダウンしてしまうこともありますよね。集中力が切れたときには、どうやってリフレッシュしているのでしょうか? 働く女子がやっていることを聞きました。

■ストレッチで気分をリセット

「肩甲骨を伸ばしたり、首をまわしたりと簡単なストレッチをしています。気分も切り替えられて体もリフレッシュ。デスクに座った状態でもできるから手軽にできます」(27歳/小売)

デスクワークはとくに体がなまってしまいがち。ストレッチすることによって、体の疲れも予防できそうです。

■食べ物の画像を閲覧

「食べ物の画像をこっそり検索して、『今日の夜ごはんは何にしようかな』なんて考えています。テンションが上がるので、『おいしいもののためにがんばるか!』と仕事のやる気スイッチもオンになります」(29歳/広告)

食いしん坊にはピッタリの集中力アップ方法です。何か楽しみがあれば、仕事もがんばれますもんね。

■同期とメッセージのやり取り

「別の部署にいる同期とパソコン上でメッセージのやり取りをしています。ここで部内の状況を報告したり、ときには仕事の愚痴を言い合ったりして気持ちを落ち着かせています」(31歳/IT)

仲間に愚痴を話しているうちに、イライラ気分も和らぎますよね。同僚だからこそ、仕事での悩みも共感してもらえそうです。

■ランチ後の昼寝

「ランチ後の昼休みには、いつも睡眠をとるようにしています。10分だけでも眠るだけで、その後の仕事の能率が全然ちがいます!」(33歳/金融)

ランチ後の午後の仕事はついウトウトしがち。ここは思い切って少しでも眠ってしまったほうが、頭がスッキリします。

仕事中にイライラしたり、やる気が落ちてしまった場合は、何か気持ちを切り替えるポイントを持つことが大切です。上手に気持ちをリセットして、仕事へのやる気を取り戻してまたがんばりましょうね。

※画像は本文と関係ありません

(船橋麻貴+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]