お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

口には出さないけど…… 女子の浴衣姿を見たときの男子の本音「かわいさ3割増し」「セクシーに感じる」

ファナティック

浴衣夏の定番デートといえば、花火大会や夏祭り。髪をアップにして浴衣姿で待ち合わせ場所に出向いたら、彼がなんだかうれしそう。口に出して褒めてくることも。男性はどうして、浴衣女子をあれほど評価するのでしょうか。浴衣だけじゃなく、和服自体がツボなのかも?  そこで今回は、浴衣女子の萌えポイントを男性に聞いてみました!

セクシーさがたまらない!

・「露出は少ないけど、うなじや足首などが色っぽく見える」(31歳/情報・IT/技術職)

・「簡単に、はだけそうなつくりがドキドキさせること」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「色、透け感がセクシーに感じる」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「一気にベロンとはだけるところ(笑)」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

二の腕や脚がしっかり隠れているのに、なぜかセクシーに見える浴衣姿。透けそうで透けない素材感や、体のラインがほどよく強調されるところが、その理由でしょうか。「うなじがいい!」という意見の多さにも驚きました。セクシーといっても、上品な色気が男性たちに喜ばれるポイントです。

しっとりした女らしさが◎

・「女の子らしく見えるところが魅力的だと思う」(39歳/情報・IT/技術職)

・「柔和な雰囲気と、季節感がもたらす魅力が、全面的にいかされるところ」(35歳/金属・鉄鋼・化学)

・「顔がカワイイと、3割増しでカワイク見えます」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「おしとやかな動きになるところ」(31歳/電機/技術職)

Tシャツやジーンズなど、普段はカジュアルなスタイルで過ごしている女子が浴衣を着ると、女らしさのバロメーターが急上昇! 自然に大人しい歩き方になるし、「守ってあげたい」雰囲気になりそう。せっかく女子力が増すのだから、ガサツな言葉づかいや、横柄なふるまいをしないように気をつけて。

いつもとちがう装いにドキッ

・「普段見られない珍しさと、夏っぽくて風情があってよいから」(32歳/電機/技術職)

・「胸元が涼しげで、非日常性がある」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「普段見られない姿なので、ギャップがよい」(29歳/食品・飲料/営業職)

仲がよくても、いつも同じような場所でデートしていると飽きてしまいます。服装についてはそこまで思わなくても、たまに相手が普段とちがう新鮮な装いで来てくれたら、うれしいものです。なかでも浴衣は全身の雰囲気を一気に変えられる便利なアイテム。ヘアスタイルのほか、メイクも浴衣姿に合わせて変えることを忘れないで!

和の情緒に落ち着きを感じる

・「日本人的な麗しさが強調されて、普段より2割増しでカワイク見えるから」(29歳/不動産)

日本を代表する衣服といえる着物ですが、日常的に着こなしている人はあまり見かけません。特に若い女性ではその割合がかなり低いのでは? 浴衣は簡単に着ることができて、和のムードをしっかり出せます。色や柄のチョイスで自分らしい個性を出せるので、何枚か揃えておいてもよさそう。

あまり見ることができない姿で風情たっぷり、しかも色っぽい! 男性たちの意見をまとめると、このような感じですね。「浴衣一枚でそんなにちがうものかしら?」と思いそうですが、男性の視覚を意識したアピールは大切。和服はスタイルの欠点をカバーしてくれるし、心強い味方です。自分に似合う浴衣を研究して、夏デートに向かいましょう!

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数106件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE