お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子は意外なところに色気を感じてた! “おフェロ女子”の特徴「落ち着いた服」「時事問題を知ってる」

ファナティック

おフェロ女子とりわけ美人というわけでもなく、露出度の高い服を着ているわけでもないのに、妙に色気が漂うフェロモンムンムンの女性を見たことはありませんか? 生まれたときから色気を持ち合わせているのではないか、と思うほどにフェロモンを振りまく女性、いわゆる「おフェロ女子」の共通点について、男性のみなさんに聞いてみました。

豊富な知識と巧みな話術

・「話をしているときに、知らないことを知っている女性」(31歳/その他/その他)

・「ちゃんと時事について知っている人。政治や経済、歴史をある程度学んでいる」(31歳/食品・飲料/技術職)

自分の知らないことを知っている人と話をすると、誰でも新鮮な驚きがありますが、一歩間違えると自慢げに捉えられてしまいます。知識を披露するときは、話し方にも注意が必要であることを理解している女性は、尊敬の念を抱かれるでしょう。

おフェロ女子の服装とは

・「派手なファッションでなく、落ち着きのある色・デザインの物を着る女性」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「白のブラウスをビシッと着こなしていて、すらっとしてみえる女性」(36歳/機械・精密機器/営業職)

露出度の高いファッションでは、知性を感じさせることは難しいでしょう。たとえ胸の大きさに自信があっても、あえて隠すくらいの方がインテリな雰囲気を出すことができます。おフェロ女子は、毒々しい色や極端にかわいらしい色を着ない傾向にあります。

余裕から生まれる懐の深さ

・「自分なりの意見、考えを持っている一方、他人の意見も受け入れられる多元主義者」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「言葉づかいが荒くなく、非を認めることができる人」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

不幸を知らないようなお嬢さま的な上品さではなく、さまざまな経験から生まれる余裕から出てくる上品さがおフェロ女子の特徴です。どんな意見に対しても論理的に物事を考え判断できるので、気を荒立てる必要がありません。

話し方に見える特徴

・「会話が理論的で、先読みができる」(29歳/その他/事務系専門職)

・「メールの文面が文法的にちゃんとしている女性は、知性を感じます」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

おフェロ女子は流行の言葉づかいや話し方をしません。常に自分が学んできた知識にのっとって話をします。起承転結が短い話の中で展開できる人は、聞く側に飽きやつまらなさを感じさせないので、多くの人から意見を求められるようになるでしょう。

若い頃はグラビアアイドルとして活躍していた女性が、いつの頃からかコメンテーターとして知性を発揮し出したという話はよくありますが、やはり年齢を重ねるにともなって、若さだけではカバーし切れない部分が出てくるのは事実です。そのときに、知性は大きな武器になります。教養を深めることは生涯における課題と言えそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE