お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

粘着質な男性心理って? 粘着質な彼氏・上司への接し方

大塚統子(心理カウンセラー)

何かとしつこくつきまとったり執念深かったりなど、「粘着質」な男性っていますよね。「粘り強い性格」と好意的に捉える人もいますが、あまりにひどいと正直迷惑です。では、どうすればこうした粘着質なタイプの男性とうまく付き合うことができるのでしょうか? 今回は粘着質な男性との付き合い方を探るべく、その心理を紐解きます。心理カウンセラーの大塚統子先生に詳しい話を聞いてみました。

粘着質な男性の特徴って?

まずは、男性から見た場合の「粘着質な男性の性格や言動」をアンケートで聞いてみました。さて、どのような特徴があれば粘着質なタイプだと思えるのでしょうか?

アンケートでわかった性格・言動の共通点

ストーカー気質

・「ストーカー気質の思い込みの激しい男。事件になりそうなので」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「ストーカー体質。破局した後が大変」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「嫉妬深い。付き合っていくのが大変だと思う」(31歳/金融・証券/専門職)

嫉妬深く、思い込みの激しいストーカー気質の男性を「粘着質」だと思う人が多くいるようです。気になる女性の周辺をコソコソ探るようなタイプは、同じ男性からも嫌われますよね。

連絡する回数が多い

・「メールがしつこい。返事がない、ちょっと遅いだけでまたメールを送ってくる」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「メールの回数が多い人は粘着質なタイプだと感じる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「メールと電話の回数が多い人。何かにつけて確認してくるので疲れそう」(28歳/警備・メンテナンス/技術職)

連絡回数が多い男性を「粘着質なタイプ」とする意見も多数でした。メールの返信を待たずに何度も連絡してくるようなタイプや、電話を頻繁にかけてくるタイプはしつこくて怖いですよね。

過去にこだわる

・「半年以上前のことを引きずる人。さすがにそこまでいけば忘れるから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「過去のちょっとしたミスに対し、繰り返しネチネチ愚痴を言う男。ひとつのことにこだわりすぎ」(24歳/学校・教育関連/その他)

・「過去のことばかりしつこく指摘する。私の友人が過去のことで揚げ足取りをしてきて不愉快だった」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

過去のミスや昔のことをいつまでもしつこく指摘する男性も、まちがいなく粘着質なタイプといえますね。こうした男性も付き合わないほうがいいでしょう。

くどい・こだわりが強い

・「いつまでも同じことをネチネチしつこく話す。しつこくてうざいから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「一度した失敗をネチネチ言ってくる。くどい男は嫌われる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「こだわりが強すぎる。どうでもいいことにこだわりすぎる男性を見ると、粘着質なタイプかと思ってしまう」(26歳/電機/技術職)

どうでもいいことをすごく気にしたり、細かいことにこだわるのも、粘着質なタイプの特徴のようです。同じことをネチネチと話したり、くどい男性は同性からも嫌われますよね。

同じ男性から見て、SNSをチェックしたり、連絡を頻繁にしてくるストーカー気質はもちろん、こだわりが強いタイプは「粘着質なタイプ」だと思うようです。では、こうした粘着質なタイプの男性の心理はどのようなものでしょうか?

粘着質な男性の心理3つ

大塚先生に「粘着質な男性の心理」を聞いてみました。

(1)人との距離感がつかめない

幼少期に心の交流経験が十分に積めなかった場合などには、それが原因で人との適切な距離感がわからなかったり、話しかけていいタイミングがわからなくなったりします。また、「そもそも自分が何を理解していないのか」さえわからない人もいます。そうした人は自分の世界観だけで物事を完結させてしまうため、相手の気持ちを想像するのが苦手です。

そのため、なれなれしく近づいたり、遠慮のない質問をしたり、しつこく絡んでしまうことがあります。それで嫌われることがあったとしても、「嫌われているかも?」と疑うことができません。深層心理では、自分を疑うことがつらすぎてできないのです。そのために、「そんなに恥ずかしがることないのに」とポジティブな解釈をしたりもします。

(2)過去の不快な思いをいつまでも記憶している

粘着質なタイプの人は、嫌だったことを反芻(はんすう)して思い出し、記憶を強化する傾向があります。人から受けた親切は忘れても、人からされた仕打ち(と自分が思っていること)は忘れません。過去の出来事を根に持って、ことあるごとに持ち出すのです。

不快な感情を「終わったこと」として処理するのが苦手なので、何かの出来事でスイッチが入ると、まるで今それが起きたかのように怒り出すことがあります。本人の中では常にストレスがたまっている状態なので、どこで爆発するかの予想がしにくいです。

周囲は軽い冗談のつもりでも、「ばかにされた」と誤解する人もいます。冗談を言うときには「冗談です」とはっきり伝えないと、禍根を残すことがあるでしょう。

(3)目標達成まであきらめない

ネガティブな面もある一方で、ポジティブなこともあります。たとえば、記憶力がいいですし、こだわりが強く信じた道を突き進むことができます。またそのためにとことん努力しますから、それらの素晴らしい特性と合う仕事に取り組むと、成功しやすいという特徴もあります。

次ページ:粘着質な人の対処法

SHARE