お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

惚れちゃいそう! 男性が弱い「女性のギャップ」4つ

ファナティック

「ギャップ萌え」という言葉があるように、普段とちがう一面を見るとドキッとしてしまいますよね。それは男性にとっても同じこと。男性はどんな「女性のギャップ」に弱いのでしょうか? 働く男性のみなさんに聞いてみました。

仕事はできるのに……

・「仕事はできるけど私生活はおっちょこちょいな人」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「完璧そうな人が思わぬことでドジを踏んだりすること。照れ笑いでごまかしたりすると好印象」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「いつも完璧に仕事を頑張っている姿とOFFの気の緩みかた」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

仕事がいつも完璧な人は、ちょっと近寄りがたい印象を与えてしまいます。そんな人がふいに見せる「気が緩んでいる姿」は、一気に親しみが増して好感度が高いようです。

意外と家庭的

・「普段は男勝りだけど、実は家庭的」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ズボラそうに見えていたけど、手作りお菓子をもらったときにドキッとした」(27歳/情報・IT/技術職)

・「遊んでいそうな感じなのに、家庭的な面がある」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

どう見ても「この人、家事とか苦手そう」と思える女性が、手作りお菓子を持って来たりすると「ギャップ萌え」が大きいようです。「家庭的な一面」はいつの時代でも男性にとってポイントが高いもののようです。

話してみると……

・「仕事のときはきついのに、休みの日はやさしい」(32歳/電機/技術職)

・「普段は厳しいのに、話すとやさしい」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「普段は堅物っぽくても、いざ話すと人間味がある」(29歳/機械・精密機器/技術職)

会社では厳しい態度で怖い印象のある女性が、休みの日などにちゃんと話してみると優しかったというギャップです。普段の印象と真逆なので、その優しさに惚れてしまう男性もいるのかも?

弱みを見せられると……

・「厳しいことを言う人が弱みを見せるとき」(38歳/情報・IT/技術職)

・「会社ではしっかりしているが、プライベートでは弱音を吐くこと」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「普段はキリッと仕事に取り組むキャリアウーマンが、不意に弱みを見せてきたときはそのギャップにキュンとくる」(23歳/機械・精密機器/営業職)

「ギャップ萌えの定番」とも言えそうな意見も多くありました。いつもキリッとしている女性が、ちょっとだけ弱音を見せるのは心を許している証拠。男性からしたら「守ってあげたい」と思うのかもしれません。

まとめ

男性が弱い「女性のギャップ」について、いろいろなエピソードがありました。会社という場所は男性にとっても女性にとってもある意味「戦場」。普段から「怖がられてるな」と自覚している女性は、たまにぽろっとちがう一面を見せると、まわりの人の見る目が変わるかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※マイナビウーマン調べ(2015年4月にWebアンケート。有効回答数113件。22~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE