お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もっと仲良くなれますよーに☆ 気になる彼とLINEを交換したらやるべき次のステップ4つ!

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

リアルタイムに既読がわかって、気軽にやり取りができるLINE。気になるあの人のメールアドレスや電話番号を知らなくても、LINEのアカウントさえ交換できれば一歩前進!? と思いきや、のほほんとかまえていてもダメなようです。今回は、LINEを教わってからやるべき次のステップについて、働く女性たちに聞きました。

■まずはとにかくLINEする!
・「とにかく連絡する」(27歳/情報・IT/営業職)
・「すぐにラインをつなげる」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「その日中には必ず会話する」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「その日のうちに『教えてくれてありがとう』と送る」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「次の連絡をしやすいように、とりあえずすぐにメッセージを送る」(23歳/自動車関連/技術職)
・「とにかくメッセージを送る。まちがえたふりをして電話もする」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

まずやるべきは、間髪いれずにLINEでメッセージを送ること。短いメッセージでも、スタンプだけでもいいので、とにかく相手に忘れられないうちに自分を印象づけることが重要かも!? そのためには、どんなふうにすればいいの? 続きをご覧ください。

■スタンプを活用する!
・「突然スタンプだけ送りつけてみる」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「さりげなくスタンプを送ってみる」(31歳/その他)
・「スタンプでまずは様子見」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)
・「とりあえず質問系を送って、かわいいスタンプを送っておく」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「短い文章にかわいい顔文字、愛敬のあるスタンプを送る」(32歳/医療・福祉/専門職)

メッセージ性のあるかわいいスタンプを選べば、文章を入れなくても使えるので便利。楽しい、うれしい表情が伝わるものならなおよし! 相手からどんなスタンプが返ってくるかも楽しみですね。ワクワクしながらレスを待つ時間も幸せなひととき……。

■短めのメッセージを送る!
・「短文で日にちを開けながら、LINEを送る」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「簡単に質問をいれた連絡をする」(27歳/電機/営業職)
・「一言二言の短いメッセージをこまめに送る」(27歳/金融・証券/営業職)
・「LINE、してもらえますか? っていれる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いきなり長文メッセージを送りつけたら、相手は引いてしまうかもしれません。LINEはメールとちがってリアルタイムに会話ができるので、まずは短いメッセージを送って相手の「既読」を待ちましょう。なかなかレスが来なくても焦らず待つべし!

■デートにつながる会話をする!
・「相手に興味があることを示すか、次に会う約束をする」(26歳/食品・飲料/技術職)
・「彼の趣味について教えてもらう。それをきっかけにどこかへ出かける口実を作る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「気になる映画やトレンドのスポットの話しに持って行き、一緒に行く約束を取り付ける」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「食事とか行ったら、ごちそう様メールを送る。今度は一緒に食べましょうって次も誘う」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「自分から『同期においしいお店があるって聞いたので、行ってみませんか』と食事に誘う」(30歳/医療・福祉/専門職)

相手と会話が続くようなら、さらなるステップへGO! 趣味やグルメスポットなどの話題を引き合いに勇気を出して! でもライトな感じで誘ってみましょう。会話のやり取りを続けながら、次に会う約束ができたらこっちのものです。少しずつ彼の興味を引き出して。

■回数やタイミングも重要!
・「ちょくちょく送る」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「連絡を取り続ける」(30歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「送りすぎないこと」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「少しずつ連絡をする。毎日はダメ」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「たまに連絡して徐々に距離を詰めていきます」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「とりあえず1回連絡する。ただし、重いと取られるといけないので、毎日の連絡は控える」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「スタンプとかあまり送らない。何個にもわけてじゃなく、1回に凝縮して、短めで送る。すぐ既読をつけない」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

メッセージをマメに送る派と、ある程度の間隔を開けて送る派の2タイプがいました。相手の出方次第でしょうか。「既読」をつけるタイミングを操作してかけ引きをする、高度なテクニックも。相手のペースをうかがいつつ、かけ引きしていきましょう。

今や、メール以上のコミュニケーションツールとなっているLINE。チャット感覚で会話ができるので、「質問形式で返す」という人が多数いました。質問されれば「返さなきゃ」って気になりますよね。会話の中にさりげなくハート系スタンプをはさめば、こちらの気持ちに気づいてくれるかも!?

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数240件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

肉好きの草食系ライター。痩せの大食いで何でも食べるが、辛い物は苦手。

この著者の記事一覧 

SHARE