お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性がこっそり暴露! 本命彼女にしか言わないひと言4つ

ファナティック

女性を口説くためならどんな手段でも使うというナンパな男性も残念ながら存在しますが、そんな男性たちでも「このひと言だけは本命用」というとっておきの言葉を持っているようです。今回のアンケートでは、男性たちが本命の女性にしか言わないひと言をこっそり教えてもらいました。

愛してる

・「『愛してる』。軽々しく言えないことだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『愛してる』は重い言葉なので、本命にのみ」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「『愛しているよ』。恥ずかしくてほかに言えない」(30歳/電機/技術職)

男性にとって「愛してる」という言葉はかなり重みがあるようですね。軽々しく言える言葉ではないし、言うこと自体恥ずかしいと思うようで、本命の女性以外に使うことはないそうですよ。

ずっと一緒にいたい

・「『ずっと一緒にいたい』とか。本命にしか言えない」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「『おまえとずっと一緒にいる』。ほかの女とずっと一緒にいたいとは思わないから」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「ずっと一緒にいような」(26歳/農林・水産/技術職)

本命以外の女性とはその場だけという気持ちが強いのか、「ずっと一緒に」というひと言を言うことはないようです。本命の女性となら本気で一緒にいたいと思うので、自然と出てくるのでしょうね。

好き

・「ストレートに『好き』というのは本命だけ。絶対に照れが入るから、本命以外は自分の中での壁を乗り越えられない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「『好き』と伝えること、本命以外には言っても仕方ないので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「好き」と素直に言えるのは本命だけという男性も。そうじゃない女性に対しては、わざわざ愛情を表現するような言葉は使わないということでしょうか。

自分だけを見てほしい

・「『自分だけを見てほしい』。一番大切にしたい人に言いたいから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

自分のことだけを見てほしいという気持ちになるのは、相手のことを真剣に思っているからこそなんでしょうね。

本命の女性にしか言わない言葉というのは、自分にとっても口にするのが恥ずかしい言葉だったり重みを感じている言葉のようですね。あなたは、男性からこんな言葉を言われたことがありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数125件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE