お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

猫がダメならインコがいる? 猫アレルギーの人はペットとどう遊べばいい? 専門家に聞く症状・対処法

渡邊千春

花粉によるアレルギーがピークを迎えつつあるこの時期、同じように、くしゃみや目のかゆみといった症状をともなうアレルギーに、ペットアレルギーがあります。猫カフェに行ったらくしゃみが止まらなくなった、などの経験がある人はペットアレルギーかもしれません。ペットにより引き起こされるアレルギーとその対処法について、千春皮フ科クリニック医院長・渡邊千春先生に聞きました。

図表:ペットアレルギー

ペットアレルギーの主な原因と対策

【2月22日は猫の日! 子猫を保護したら何を食べさせたらいいの?】

■症状は目のかゆみやくしゃみ、インコやハムスターも

そもそもペットアレルギーとは、どのような病気なのでしょうか。

「犬や猫をはじめとしたペットとして飼う動物の毛やフケ、唾液などがアレルゲン(アレルギーの原因物質)となって引き起こされるアレルギー疾患全般をペットアレルギーと呼んでいます。症状としては、目のかゆみ、肌のかゆみ、くしゃみや鼻水などが一般的で、花粉やハウスダストといった他のアレルギーの症状とよく似ています」(渡邊先生)

アレルゲンが皮膚に接触したり、呼吸によって気管支や肺に侵入することで症状が出るため、外よりも室内での接触で気づくことが多い傾向にあります。

「動物と触れ合ったとき、高い頻度で喉や目のかゆみを感じるなどの場合は、ペットアレルギーが疑われます。例えば、猫を飼っている友達の家に行くと必ず目がかゆくなる、ということであれば、猫アレルギーの可能性が高いと言えるでしょう」(渡邊先生)

ペットアレルギーは猫や犬が多いものの、インコやハムスターが原因であることも。たとえば、最近話題の「小鳥カフェ」でアレルギーの症状が出るようであれば、鳥の羽毛が原因とも考えられるとか。

「アレルゲンを使用した製品によっても症状は出ます。たとえば、羽毛布団を使ったり、ダウンジャケットを身につけたときにアレルギー症状が出る場合は、アヒルの羽毛によるアレルギーが疑われます」(渡邊先生)

■気になる症状があるときは血液検査を

ペットアレルギーがあるとわかったら、アレルギーの原因となる動物に極力近づかないのが鉄則。というのも、一度アレルギーが出てしまうと、その動物と接する限り、アレルギー反応は続きます。さらに、接触を繰り返すことで、症状が悪化するリスクも高まります。

「もし、ペットを飼い始めた後でアレルギーがあるとわかった場合は、アレルゲンに接する機会を極力減らすよう、心がけましょう。ペットアレルギーは完治させるのは難しいですが、症状は軽減できます。まず、ペットはできるだけ戸外で飼うか、居間や寝室に入れないなど生活区間を分けます。室内を清潔に保つほか、こまめにシャンプーし、体毛やフケが空気中に舞い散るのを極力防ぐのも効果的です。また、尿に含まれるタンパクもアレルゲンになるため、ペット用トイレの砂は汚れたらすぐ取り替えるようにしましょう」(渡邊先生)

これからペットを飼いたいと考えている人はあらかじめ、ドッグカフェや猫カフェ、小鳥カフェ、室内飼いをしている友人宅などに遊びに行き、一緒に過ごしてみるのも一案です。

「犬や猫のほか、モルモットやインコ、ハムスターなど多くの動物がアレルゲンを持っています。ただ、すべての動物に反応が出る人はまれなので、猫アレルギーの人が他のペットでも症状が出るということではありません。自分がペットアレルギーかどうかは血液検査で調べることができますし、アレルギーの原因となる動物もある程度特定できます。血液検査は皮膚科のほか、一般内科や耳鼻科などでも受けられます。これからペットを飼いたいと思っている人や、気になる症状がある人は医師に相談してみてください」(渡邊先生)

(取材協力:渡邊千春、文:齋藤純子+ガールズ健康ラボ)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.07.12)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]