お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

認められたい? 「忙しいアピール」する人の本音

小日向るり子

聞いてもいないのに「3時間しか寝てない」「2カ月先まで予定でいっぱい」と忙しいアピールをされた場合、皆さんはどう対応しますか? 仲のいい友人ならそこまでデリケートに対応しなくてもよさそうですね。しかし、恋人や会社の上司など、適当に扱えない相手だとどうすればいいか迷うところ。そこで今回は、そうした「忙しいアピールをする人の心理」や、上手な対応方法を探ります。

忙しいアピールをする人の本音

まずは「忙しいアピール」をする人の本音について、心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞いてみました。

男性の場合

周囲に忙しいアピールをする男性心理には3つのパターンがあります。

(1)自信のなさによるもの

女性の社会進出が進んだ現在でも、社会的には「忙しい男は仕事ができる。仕事ができる男は魅力的だ」という意識があります。こうした感覚が強く、かつ自分の仕事に自信がない男性は仕事が忙しいアピールをしがちです。「仕事はできる人のところに集まる」というイメージがあるため、「俺、仕事が忙しくて」と言えば「あなたは仕事ができるのですね」と相手に思ってもらえます。自分の仕事を自分で認める自信がないため、他者から承認してもらうことで自分自身を認めたいのです。

(2)ナルシシズムによるもの

ナルシシズムとは「自己陶酔」の感情のこと。プライベートが忙しいと聞くと、多くの人は「あの人は友だちがたくさんいる」「趣味が充実していてアクティブな人」といった好意的な感情を抱きますよね。そうした好意的な感情を言葉でもらうことによって、ますます自己陶酔をしたいのです。ナルシシズムは女性にも見られますが、権力欲求が高い男性のほうが顕著に出る心理状態といえます。

(3)こちらへの警戒によるもの

忙しいとアピールすることによって、何かが自分の身に降りかかることを阻止したいという感情です。女性として注意したいのは、片思い中の男性の忙しいアピール。なぜなら、女性からの誘いを体よく断るためのツールとして使われることが多いからです。その男性が社会的に重要な立場にいたり、仕事が繁忙期で忙しかったりする場合は、本当に忙しいのか遠まわしに断っているのか第三者では見極めが難しいですよね。そのため男性にとってはやんわりと相手の好意を遠慮する言動になることがあるのです。

女性の場合

男性の忙しいアピールは、「他者に認めてもらうことによって自分の力をより誇示したい」という承認欲求からくることが多いのに対し、女性の場合は「弱音を吐きたい」「誰かに助けてほしい」という、心のSOSから発せられる場合が多いのが特徴です。つまり「忙しい→誰か助けて!」という心理状態です。特に、普段我慢強いタイプの女性が忙しいアピールをしたら、本当に余裕がなくなっている状態だと考えられます。

そのほか、男性と同様に「忙しいとアピールすることによって何かを阻止したい」という心理が働いていることもあります。しかし女性は阻止するよりも「逃げたい」という感情が強く働いている場合が多いです。たとえば仕事で何かを頼んだときに忙しいアピールをされたら、頼んだ業務を何らかの理由でやりたくないことが考えられます。女性から忙しいアピールをされた場合は、その人が逃げたい理由は何かを考えてみる必要がありますね。

次ページ:【関係性別】忙しいアピールする人に対する対処法

お役立ち情報[PR]