お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女にも抱かれたいときがある……! 彼氏をその気にさせる方法3つ

ファナティック

男性ほどセクシーな気分になることは多くないと言われる女性でも、やはり好きな男性には抱かれたいと思う瞬間がありますよね。「彼氏からアクションを起こしてくれたらいいんだけどなぁ」というとき、どのようなしぐさでその気にさせればよいのでしょうか。女性のみなさんにアンケートで聞いてみました!

■スキンシップでその気に!

・「酔っ払ったふりをしてボディタッチを増やす」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「太ももを触る。だいたいの男性はすぐその気になる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「なにげないふりで手に触れる」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

自然に行いたいスキンシップですが、意外にも多くの女性が「抱かれたい合図」に使っているようです。

■露出度高めの服でその気に!

・「伸びをして胸をフリーにする」(26歳/マスコミ・広告/技術職)

・「ちょっと色気を出す。少し胸のあいた服を着て、わざと谷間をちょっと見せる」(32歳/生保・損保/営業職)

・「セクシーな服を着る」(27歳/生保・損保/営業職)

肌の露出を少し多めにしてアピールするという女性も。普段からセクシーな服を着るのではなく、ここぞというときに着ると、よりギャップが出ていいですね。

■積極的な態度でその気に!

・「さりげなく部屋に誘う」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「耳元に息を吹きかける」(22歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「自分からキスする」(27歳/生保・損保/専門職)

・「抱いてほしいと言います」(23歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「泊まりに行く」(28歳/金融・証券/営業職)

強気な作戦に出る女子も。これは相手を待たず、自分から誘うというスタンスですね。

■まとめ

イマドキの男性はなかなかチャンスがあっても女性を誘わない人も。この際、抱かれたい! と思ったら、自分から誘ってみたほうが早いのかも? ただ、あまりにも積極的だと引いてしまう男性もいるので、彼氏のタイプを見極めて行動に移しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数253件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]