お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

東京ウォーカーが「2015年 住みたい街ランキング」発表!2位は横浜、1位は……?

2015年 住みたい街ランキング

KADOKAWAは、同社発行の情報誌『東京ウォーカー』2015年3号(2015年1月27日発売)にて、「2015年 住みたい街ランキング」を発表した。

【妄想がふくらむ! 女子に聞いた「ワンランク上の部屋に住めるとしたら『よくしたい条件』」10】

同ランキングは、『東京ウォーカー』による読者アンケートと、関東エリア1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に居住する10~60代の男女を対象としたインターネットによるWeb調査をもとに集計している。

1位となったのは「吉祥寺」(1,771ポイント)だった。”活気があり楽しそうな街 “、 “買い物・交通に便利 “、 “井の頭公園も近く、緑が多い “などの理由で、性別・年代問わず、多くの支持を集めている。

2位は、整備された美しい街並みと発達した交通網が人気の「横浜」(1,529ポイント)だった。30~40代を中心に、幅広い層に人気がある。3位となったのは「自由が丘」(1,088ポイント)。不動産価格に加えて物価も高い点がネックだが、おしゃれで格式の高いイメージがあり、特に50~60代 の女性からの支持が高いという。

4位は「秋葉原」(999ポイント)、5位は「池袋」(822ポイント)だった。調査結果を通してみると、ターミナル駅へのアクセスの良さが、”住みたい街”としての人気につながっていることがわかる。特に渋谷から横浜を結ぶ東急東横線沿いが根強い人気だった。その他、上位には郊外都市が多くランクインしている。

■調査概要

調査期間:2014年11月25日 ~12月23日
有効サンプル数:2,530人

(エボル)

お役立ち情報[PR]