お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

チョコのお返しには彼ママの存在あり!?60%の母親が息子のホワイトデーに関与していた!

息子がバレンタインのお菓子をもらった場合のお返しについて、当てはまるものは?

クックパッドは、同サイトのユーザー(中学及び高校に通う男の子の母親)を対象に、バレンタインに関するアンケートを実施した。調査は2015年1月6日~9日にかけて実施し、217名から有効回答を得た。

【バレンタインの本命に!濃厚な味わいの大人スイーツ「バレンタインブラウニー」登場】

2015年のバレンタインに息子にお菓子を渡すか尋ねたところ、32%が「お菓子を手作りして渡す」、24%が「お菓子を購入して渡す」と回答した。「できれば手作りで渡したい」も20%おり、合計すると52%がバレンタインに息子に手作りお菓子をプレゼントしたいと考えていることがわかった。

2015年のバレンタインに息子にお菓子を渡しますか?

バレンタインに息子がお菓子をもらえるか気になるか聞くと、「すごく気になる」「まあ気になる」との回答も52%と半数を超えた。「もらえずに寂しい思いをしないか心配」「義理でもいいから一つはもらって欲しい」といった声がコメントとして寄せられた。

息子がバレンタインのお菓子をもらった場合のお返しについて尋ねたところ、「本人に任せる」(36%)が最も多かった。しかし「相談にのる」「お菓子を手作り/購入する」など、関与している母親は60%見られ、お菓子をプレゼントしてくれた相手に失礼のないよう、息子のバレンタインを支える母親の姿が浮き彫りとなっている。

(エボル)

お役立ち情報[PR]