お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

金魚は水面で口をパクパクしているのはどうして?

金魚が水槽で泳いでいる姿に、つい心が癒やされてしまう人も多いはず。特に金魚が水面に口を出してパクパクしている姿はよく見るだけに、その行動が何を意味するのかちょっと気になるもの。今回はその理由にズバリ迫ってみました。

【夏のデートに!都内の涼めるスポット10選―金魚坂(文京区)】

■水中に酸素を送っている

金魚は通常、水中で酸素を補給し生活しています。水中の酸素は水草や水槽用のポンプ(エアレーション)などを使うことで補うことができますが、これらがない場合で飼育しているケースも多いはず。そうなると水中の酸素が不足してしまうため、金魚は空気のある場所へやってくるのです。

水面には空気中の酸素が溶け込んでおり、水中に比べると酸素濃度は高くなります。そこで口をパクパクさせることで水面を揺らし、水と空気とを接触させると酸素が溶け込む量も増えてきます。そうやって酸素が溶け込んだ水から、補給を行っているのです。

■水をかえることも有効

水が汚れていたり、古くなっていたりするときにも酸素が不足して金魚が口を水面でパクパクすることがあります。これらが起こる原因としては、夏場の暑い時期で水が腐りやすい、餌の入れすぎで水がにごっている、しばらく水をかえていないなどが一般的です。

金魚の大きさや数にあった水槽を用意し、こまめな手入れをするのがいいでしょう。設備によっては逆に水をしばらくかえなくてもよい場合もありますので、飼育環境を確認することも忘れずに。

■そのままにしておくとどうなる?

飼育環境が改善されない場合は、頻繁に金魚が水面で口をパクパクさせることになりますが、個体によっては病気になってしまう可能性もあります。普段と様子が違うと感じたら、すぐに対応できるようにしておきましょう。

また複数の金魚を飼育している場合は、ストレス等の影響により水面に口を出すこともあります。水槽内でケンカをしていないかもチェックしてみましょう。

口をパクパクさせているとおなかがすいていると勘違いして餌をあげてしまうことがありますが、これが水を汚し酸素不足を招くこともあります。日ごろから金魚の様子をよく観察して、快適な環境を用意してあげましょう。

お役立ち情報[PR]