お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性の好感度が急上昇! デート中、思わずキュンっとしちゃう男性の言動・4選

ベンチ気になる異性とのデートで気のきいた言動があったら、一気に好感度がアップしますよね。思わずキュンとして、お付き合いまでの流れもスムーズに進みそうです。そこで、働く女性たちが、デート中に思わずキュンとしてしまう、男性の言動について聞いてみました。

【男性ができれば避けたいと思う―デートエリア ベスト5】

■素直な言動にキュン!

・「『もうちょっと一緒にいたい』と帰り際に言われたとき」(26歳/金融・証券/事務系専門職)
・「駅で別れたときに振り向くと、改札の向こうで最後まで見守ってくれている姿を見たとき」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「その日のファッションをほめられたとき。普段そういうことを言わない方だったのですごくうれしかったです」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

デート相手から、素直な気持ちをぶつけられて嬉しくない女性は少ないのでは? 男性としては照れるかもしれませんが、女性としてはぜひこんな言動をかけてもらいたいものですよね。

■さりげない一言にキュン!

・「一緒にごはんを食べていて、彼が先に食べ終わったときに、『ゆっくり食べていいからね』と言われてキュンとした」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『足大丈夫? 痛くない?』と言われたとき。デートはいつもかわいさ優先で、少しヒールの高い靴をはいていたから。その優しさにキュン!」(29歳/医療・福祉/専門職)

他人であり、しかも異性である二人が、何もかも同じペースでいることは難しいもの。だからこそ、相手にあわせて行動することが大事なんですよね。しかも、そこに「気遣いの一言」があると一層うれしいです!

■大事にされてる感にキュン!

・「目線や視線をよく見ていて、何も言わなくても入りたいところ等に誘導したり聞いてくれること」(26歳/金融・証券/専門職)
・「少し体調が悪くなったとき、何も言わなかったのにすぐ気付いて休ませてくれた」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

言葉を通り越した「察する力」に惹かれる意見です。ハードルが高い分、運命的な何かを感じてしまうのかもしれません。

■ジェントルマンな行動にキュン!

・「ベンチに座るとき、汚れないようにハンカチをしいてくれた」(26歳/金融・証券/事務系専門職)
・「『足元気をつけてね』とエスコートしてくれたとき(プラスして手をつないでくれた)」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「年下の男の子と歩いていたとき、私が車道側にならないように、かたくななまでに歩道側に誘導してくれたとき、可愛くてキュンとした」(29歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

王道ですが、最も根強い人気となったのがこちら。「女性として大事に自分を扱ってくれる男性」に、女性は非常に弱いことが分かりました。ただ、彼があまりに慣れ過ぎている場合には、少々注意したほうがいいかもしれません。

男性の力強さ、思わぬかわいらしさが見えた瞬間や自分への優しさが見えた時に、思わずキュン!としてしまう女性が多いことが分かりました。こんな胸キュンデートしてみたいですね!

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]