お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 生活

それ、詐欺かも!? 顔や体型にまつわる「女のごまかし」4パターン

胸を大きく見せるためにブラのパッドで調節したり、ぱっちり二重にするためにアイプチを使ったり……、女が化けるためのグッズは多々あるもの。そんなふうに顔や体型をごまかしている女子もいますよね。実はそれが、彼氏や女友だちなどまわりにバレてしまっていた! なんてことも。今回は、働く女子たちの顔・体型のごまかしエピソードを調査してみました。

■ウエスト編

・「ウエストにくびれがないけど、ウエストが隠れる洋服をよく着ているので痩せて見られる」(33歳/その他/その他)

・「ゆったリボトム×スキニーでバランスよく見せてはいるが、寸胴」(30歳/通信/営業職)

・「若いのに矯正下着をつけている友人。タイトで上から『締めつけてます!』っていう変なシワが見えていて、みんな突っ込まないけど、気になっています」(27歳/サービス/秘書・アシスタント職)

痩せて見られるため、あこがれのくびれを手に入れるために、工夫している女子たち。補正下着をつけるなら、シワになっていないかもチェックしておきたいもの。

■バスト編

・「胸パッドは、入れすぎと言われたことがある」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「たまたまブラにもともと入っていたパッドが彼氏に見つかり、ずいぶん分厚いんだね、ブラジャーって言われた」(32歳/自動車関連/技術職)

・「胸パッドがやたらと目立つ友人が“パッドマン”というあだ名で呼ばれていました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「水着のときにパッドが厚かったため、からかわれた」(29歳/情報・IT/営業職)

・「胸をかなりパッドでごまかしてます。みんな私が貧乳だって知ってるから何も言わない」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

女性らしさの要であるバストについては、パッドを入れている女子も多いもの。あまりに入れすぎたり、分厚すぎるパッドを使うと、彼氏に引かれてしまう場合もあるので、ほどほどがいいのかも。

■メイク編

・「バッチリメイクのとき、『誰かと思った』と女友だちに言われた」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『すっぴんだとけっこうちがうねー』と言われた」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「つけまつげを取ったら男友だちに『顔が……ちがう!』と言われた(笑)」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

メイクはあまりに落差がありすぎると、ビックリされてしまいます。濃すぎる化粧には要注意です。

■アイ編

・「アイプチをしていたら、『友だちに不自然だよ』と言われた」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「アイプチはよれたときに、彼氏に『なんか汚れついてるよ』と指摘された」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「男の先輩で、女性のアイプチは詐欺に近いと言っていた。すっぴんはれぼったくなっててびっくりした、と』(28歳/その他/その他)

・「友人は、告白したら『アイプチは無理だから』と断られた。バレてる上に拒否とはつらい」(30歳/学校・教育関連/専門職)

一重を手軽に二重にできる便利アイテムが、アイプチ。ただ、使い方によっては、不自然に見えてしまったりもするので気をつけて。けっこうまわりにバレているとの声も多かったので、上手に使うのは難しいのかも。

さまざまなごまかしグッズが手に入るとはいえ、バレると恥ずかしいこともあるので、取り入れる際にはやりすぎない程度にとどめたいですね。あなたは、他人の顔や体型のごまかしに気づいて、思わず突っ込みたくなったことがありますか?

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]