お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

【ご当地グルメ】福井のソウルフード! 3位「やきサバサンド」、2位「おろしそば」、1位は?

日本のちょうど中心地点にあたるのが福井県。東西からいろいろな食文化が集まってくるせいか、どこの国のものでもない、どの県のものでもない、独特なソウルフードが福井県にはたくさんあります。そこで「これを食べてこそ福井県民」というソウルフードを、働く女性に聞いてみました。

Q.「コレを食べたら福井県民!」と思う福井のソウルフードといえば何ですか?

1位「ソースカツ丼」44.1%
2位「おろしそば」19.8%
3位「やきサバサンド」13.4%
4位「三國バーガー」10.4%
5位「サバエドッグ」9.9%
6位「ボルガライス」8.9%
7位「若狭路御膳」7.4%
※8位以下省略。複数回答可

■一度食べたら、また食べたくなる「ソースカツ丼」

・「ソースカツ丼。福井といったらこれというイメージ」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「福井に行ったらソースカツ丼を食べてみたいから」(22歳/生保・損保/営業職)

・「ソースカツ丼は食べるべきと何人からも勧められた」(25歳/電機/事務系専門職)

シンプルな見た目なのに、なぜかインパクトが強く、思い出すとまた食べたくなってしまう「ソースカツ丼」。ソースに浸したトンカツをのせた「ソースカツ丼」は、一度食べたらリピーターになってしまうこと確実。福井県を代表するソウルフードです。

■シンプルなのにパンチがある「おろしそば」

・「おろしそば。どこの店で食べても大根がからくておいしいので」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「からいけどやみつき」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「おろしそば。福井名物だから」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

ソースカツ丼に続き、シンプルな見た目なのにガツンとパンチがきいた「おろしそば」。おろしてのせる大根のピリッとした辛味が、癖になる味です。

■トルコから福井に上陸した名物グルメ「やきサバサンド」

・「やきサバサンド。テレビで紹介されていて、なかなか衝撃的な組み合わせだと思った」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「やきサバサンドは他県では食べられないから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「やきサバサンド。福井出身の人が食べていたから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

フランスパンに焼いたサバをはさんだという、画期的な福井県のご当地グルメです。この料理、もともとはトルコの名物なのだとか。福井県とトルコがどこでつながったのでしょうか。

■らっきょう入り!? 「三國バーガー」

・「三國バーガー。ご当地バーガーの中でも有名だから」(33歳/その他/専門職)

・「三國バーガー。ご当地バーガーなのでその土地由来のものが入ってそうだから」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「物産展でよく見るから」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

らっきょう入りハンバーガーという、斬新すぎる福井の「三國バーガー」。ピクルスの代わりに、地元特産のらっきょうを入れるそうです。福井への愛がつまったご当地バーガーですね。

■歩きながら食べられるソースカツ丼「サバエドッグ」

・「サバエドッグ。最近出てきたばかりだが、持ち歩ける手軽なお肉がおいしいので」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「サバエドッグ。『秘密のケンミンSHOW』で見たことがあるから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「サバエドッグ。インパクトがあるので」(22歳/その他/事務系専門職)

福井県のご当地グルメの中でも、人気急上昇中なのが、この「サバエドッグ」。ご飯に薄切り肉を巻いてフライにしてソースをかけてあり、まさに歩きながらソースカツ丼が食べられるようなイメージ。福井県ってユニークですね。

日本の中心にある福井県には、東西の食文化、ひいては国境を越えた食文化が入り込み、オリジナリティあふれるグルメがあふれています。ぜひ一度福井で、その食のすごさを実感してみては?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5~6月にWebアンケート。有効回答数202件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]