お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「赤面=好きのサイン」とは限らない! 「内気な性格」「自意識過剰タイプ」の可能性も

好きな人を目の前にすると、緊張して、頬がポッと赤く染まることがあります。ただし、目の前で赤面されたからと言って、必ずしもそれが「好き」のサインとは限りません。そこで今回は、うっかり早とちりしないように、頬が赤くなる別のケースをいくつかご紹介します。

■相手が若い場合

若いときは、たとえ目の前にいる人が恋愛対象外であっても、異性と話をするだけで、頬が赤く染まってしまうことがあります。若い異性に赤面されたからと言って、すぐ有頂天にならないように気をつけましょう。

■相手が内気な性格の場合

人前ですぐ赤面してしまう人は、幼い頃から内気な性格であるというケースもあります。理由は人それぞれですが、たとえば、人口が極端に少ない田舎で幼少期を過ごした人や、親から厳しくしつけられて礼儀正しく従順に育った人などは、内気による赤面がよく見られるのだとか。また、顔が赤くなりやすいと、恥ずかしさからそれを隠そうとしてさらに心を閉ざし、内気な性格に拍車がかかることもあります。

■相手の自意識が強い場合

たとえ引っ込み思案ではなく、みんなの輪の中心にいるような明るい性格の人でも、すぐに頬が赤くなる人がいます。それは、責任感が強いリーダータイプに多い、いわゆる「完璧主義者」。人一倍プライドが高く、相手にどう思われているかが常に気になってしまうような人です。そういう少し自意識過剰なタイプの人も、何かと赤面するシーンが多くなってきます。

■まとめ

緊張したり、恥ずかしくなったり、驚いたり……。そんな風に、何か心理的に動揺することがあると、私たちは頬が赤くなることがあります。たとえ目の前の異性が自分の顔を見た瞬間に赤面したとしても、「この人、私のことが好きなのかな?」と早合点するのは危険かもしれませんよ。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]