お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達はいらない? 疲れるしめんどくさいと思う心理とは

高見綾(心理カウンセラー)

友達はいなくても幸せ?

女性にとって20代から30代は、ライフステージが大きく変化するタイミングです。学生時代の友達とずっとなかよくしようと思っていても、恋愛・結婚、子育てなどを経て、大切にしているものが変わることで、会話が噛み合わなくなることも多いです。

社会人となり何でもひととおり自分でこなせるようになって、ひとりで自由に過ごす楽しさも覚えます。そんなタイミングで、恋人や家族の優先順位があがれば、自然と合わせなくてはいけないような友達はいらない思うこともあるでしょう。

自分がいる場所に応じて友達関係は変化していくものですので、一緒にいて疲れるような相手と無理に友達としてつながり続ける必要はありません。もし、友達がいなくても、彼氏や家族、その他の人とのつながりがあって、十分に満たされているのなら問題はありません。

友達は多いほうが健全だとする風潮はありますが、幸せの形は人それぞれでちがいますので、自分の感覚に正直に従うとよいと思います。

次ページ:友達をいらないと思ったら

SHARE