お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう勘弁してくれ! 男性が「重い……」とうんざりする女子の言動

恋人同士の愛情表現はさまざま。でも、相手の気持ちがあまりに強いと「ちょっと重いな……」と感じることもあるでしょう。では、男性が「重い!」と感じるのは、女性からのどんな行動があったとき? 働く男性のみなさんから意見を集めてみました。

■連絡の取り方が重い

・「すごく眠たいときに『寝る』といっても『あと20分!』と電話を切らない」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「毎日連絡してくる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「着信が10件以上あったとき」(37歳/情報・IT/営業職)

男女問わず、「毎日声を聞きたい!」という人もいることでしょう。しかし自分のペースだけで押し切ると、相手に負担がかかるもの。お互いにちょうどいいやり取りのペースをつくりたいですね。

■思いの強さが重い

・「『仕事と私、どっちが大事?』と聞く」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「何度も『自分のこと好き?』と聞かれたこと」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『別れたら、あなたを殺して私も死ぬ』と言われた。重いし怖かった」(27歳/金融・証券/営業職)

・「『あなたがいないと生きていけない』と言われたとき」(31歳/情報・IT/技術職)

これらは、現代の恋愛において、ほぼ「禁句」と言えるのでは……。自分のことを好き?と聞く程度はいいとして、相手にあまり負担を掛ける言葉は、胸の中にしまっておいたほうが良さそう。

■束縛は重たい

・「束縛する雰囲気に重さを感じたことはある」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「何でも日々のでき事を聞くこと」(32歳/生保・損保/専門職)

・「あらゆる束縛がウザい」(32歳/情報・IT/技術職)

もちろん、束縛されることに喜びを感じる人もいることでしょう! しかし、そうでない場合、毎日のスケジュールを細かくチェックされたり自由な時間をそがれてしまうと、関係が行き詰まってしまうもの。

■結婚の話は重すぎる

・「『結婚して』と言われたとき」(30歳/商社・卸/営業職)

・「『両親のところへ、あいさつに来てほしい』」(30歳/その他/事務系専門職)

・「『いつ入籍してくれるの?』と涙ながらに問われたとき」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「『あなたの子どもはかわいいだろうなと』言われたとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

結婚はお互いのタイミングが大事。相手がどう思っているのか気になる……という人も多いと思いますが、自分の気持ちをアピールしすぎると「重たい」という判定をされてしまいそう。

恋愛を長続きさせるには、お互いがちょうどいいと思う距離感を持つことも大事です。自分の気持ちをゴリ押しするだけのものは、ただの自己満足。相手の状況や感情を思いやる気持ちも忘れないようにしたいですね!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数85件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]