お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やさしくされるとつい……! 男性上司に惚れそうになった瞬間4選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

普段は厳しい上司がふとしたときにやさしくてホロリ……なんて経験、ありませんか? それが男性上司なら、恋に落ちてしまう可能性もありそうです。思わず男性上司に惚れそうになってしまった瞬間について、働く女子に聞きました。

■ミスをフォローしてくれた

「ベタですが、自分のミスを嫌な顔をひとつせずにフォローしてくれたとき。頼りになるし、ミスが大きければ大きいほど、心にしみる」(25歳/不動産)

自分のミスを相談できる空気を上司が作り出してくれているか、ということも大切ですよね。

■直属の上司じゃないのに残業に付き合ってくれた

「年末年始に激務で遅くまで仕事をしていたとき、直属の上司じゃないのに、隣の席だからということでいつも深夜まで付き合ってくれた上司がいた。帰りも送ってくれるし……」(25歳/建築)

自分のチームの数字に直結しないのに、同じ会社で働く同僚だからというやさしさがうれしいですね。ひょっとしてこの上司はこの方のことが好きだったのでは……という気も。

■前の上司がひどすぎて、今の上司がよく見える

「前の部署の上司は、面倒な仕事は私に押しつけて定時で帰る人だった。新しい部署では大変な仕事こそ上司が変わってくれるし、教え方もすごくていねいでわかりやすい。それだけで惚れそうになります」(28歳/サービス)

ひどい上司の下で働いていたのなら、ちょっとしたやさしさにうれしくなります。こんな上司がいれば、仕事がますます好きになりそう。

■休日ファッションのセンスが抜群!

「普段は地味めのスーツで、身に着けているアイテムも特に目立たない定番っぽいものだったのですが、会社のみんなでバーベキューに行ったときの上司のファッションがすごくセンスがよくて……。よくよく見ると、いつもスーツのワイシャツはパリッとアイロンがかかっているし、清潔感はあった」(26歳/IT)

普段と休日のギャップがあるのは大きいかもしれません。もちろん、その逆で「スーツ姿はカッコいいのに私服は……」ということもありそうですが……。

仕事モードでがんばっているときにやさしくされると、それだけでドキッとする女性は多いようです。あなたは上司を好きになってしまいそうになったことはありますか?

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]