お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

裏があるから気をつけて! モテるけど実は同性に嫌われている女子の特徴4つ

男性からモテている女性の中には、ほかの女性を敵に回している人もいますよね。女性からは裏がよく見えるのに、男性には見えていない……そんな女性たちの特徴を、女性のみなさんに教えてもらいました!

■男性の前で変貌をとげる人

・「男性の前だと高い声でよく笑い、女性の前だと声が低くなり、見た目で点数をつける友人」(26歳/医療・福祉/技術職)

・「男性の前では態度や言葉遣いが変わる人。女性にはその変化が見て取れるが、男性にはそれが分からないようなので、女性からは嫌われる」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「異性の前では“怖いもの”が増える。同性の前ではクモ1匹でも平気なのに、異性の前だと蟻くらいでリアクションをする」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「男の前と女の前で明らかに態度がちがう子。気付いてるけど、かわいいからそれでいいっていう男性が多いのも理解できない。それで結婚しちゃって嫁の愚痴を言うんだから、かける言葉もない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

よく見かける「男性の前では変貌をとげる女性」。その二面性にどうして気がつかないの!?とイラっとしている女性のみなさんもいることでしょう。

■やはりぶりっこは嫌われる!?

・「女性にはバレているけど、男性にはバレないぶりっこ」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「小悪魔的でぶりっこタイプの女の子」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「男の前ではぶりっこで、女の前では口が悪い人」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ぶりっこはどの年代も基本男ウケはして、女からは好かれないなーと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

今も昔も、ぶりっこは女性から嫌われる存在。しかし「昔はぶりっこがモテていた気がするが、最近は男のほうがぶりっこ嫌いが多くなった気がする」(24歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)という声も。男性の女性を見る目も変わってきているのかもしれません。

■過剰なボディタッチ

・「男性の前でのみ、ボディタッチやら声のトーンが高くなる」(32歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「ボディタッチをする人。女の価値を下げて見えるので、やめてほしい」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「やたらと飲みの席で、自分から男性に思わせぶりな感じでボディタッチしたり、わざと酔ったフリをしたり。どう見ても『狙ってるだろ』とよく思います」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

女性は、「あからさまに狙っている女性」を見ると、なぜか不快に感じるものです。ボディタッチを繰り返す女性もしかり。

■過剰なアピール?

・「『薄着で寒い~上着貸して~』と甘える言葉を出せる子は、女性からはしばしばねたまれるが、男性からはそう思われない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「会社にキャバ嬢のような白のミニスカスーツで、さらに、会社のネームプレートをわざわざ谷間付近に付けてる女性がいました。キャハハ笑いのブリブリした感じも女性からは嫌われていましたが、男性ウケはいいそうで、中学のころから彼氏がいない期間は1カ月しかないそうです。」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「自分をよく見せるためにほかの女性の評価を下げ、さりげなく自分の評価を上げる方法を行っている。『あの子、あなたのこと嫌いって言ってたけど、私は好きですよ』とか言いふらすとか」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ドジっこ系女子。何かと失敗して、『キャッ☆ またやっちゃった~(てへぺろ)』が口癖の友人。男性からは『守ってあげたい!』と言われているが、女性側からしたら役に立たないめんどくさい女。物事が進まなくなるから、口ふさいで動くな!と思う」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

ここまでくると、もはや「策士!」と呼びたくなってしまいますね。彼女たちが放った網にかかる男性もたくさんいるのでしょう……。

女性から見てちょっと不快な「モテ女」。その原因は、彼女たちのあからさまなやり方にあると言えそう。とはいえ、彼女たちにとっては女性からの評価より、男性からの賛同のほうが大事なのかも……。面倒に思うよりも、深くかかわらないほうが身のためかもしれません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数296件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]