お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これでモテモテ!? 男子が好きな女子の香りランキング

もっとも至近距離で接する異性である恋人から、どんな香りがすると男子はうれしいもの? 働く男子に、好きな女性の香りについてエピソードを交えつつ、詳しく聞きました。相手に自分のイメージを、意識下で焼き付ける効果のある「香り」について、男子たちはどのような思いを抱いているのでしょうか。

Q.彼女からはどんな香りがしてほしいですか? 好きな女性の香りを教えてください。
※複数選択可

第1位 レモンやグレープフルーツなどのかんきつ系 37.1%
第2位 せっけんの香り 26.7%
第3位 ローズやラベンダーなどのフローラル系 24.1%
第4位 ココナツやバニラなどの甘い香り 19.0%
第5位 ミントやローズマリーなどのハーブ系 11.2%
第6位 無臭 10.3%
第7位 ユーカリやローズウッドなどの森林系 6.0%

■人気第1位は、爽やかな「レモンやグレープフルーツなどのかんきつ系」!

・「爽やかなものがよい」(32歳/金融・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ちょうどよい香りだと思うから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「好きだから」(29歳。団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「爽やかで清潔感がある」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

恋人に求める香りは、爽やかなかんきつ系と答えた人が最多数。自己主張する香りではないので、長い時間一緒にいても、気にならないという点も人気の秘密かも。複数の香りを選択している人も、かんきつ系は必ずチョイスするといっていいほどの定番人気でした。

■やっぱり! 男子はいくつになっても「せっけんの香り」が大好き

・「落ち着く」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「どんな状況でも心地よいから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「清潔感がある」(28歳/商社・卸・事務系専門職)

・「自然な感じの香りが好きだから」(27歳/その他/その他)

女性の「清潔感」重視し、「香水は苦手」という自然派男子も「せっけんの香り」は好きな香りのよう。なかには、フレグランスに「せっけんの香り」があることを知らず、本物のせっけんやシャンプーの匂いだとかわいい誤解をしてくれている男子もいそうです。

■「ローズやラベンダーなどのフローラル系」に女性らしさを感じる

・「穏やかさがあるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家に帰ってきたあとで、自分の服から彼女の匂いがしました。自分にはない匂い」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「女性らしい香りだと思うので」(32歳/機械・精密機器・技術職)

やはり、花の香りから女性らしさをイメージする男子は少なくないようです。ローズ、ラベンダーなどキツすぎず、癒やされる感じも男子ウケの理由かも。デート服に人気の花柄アイテムにフローラルの香りをプラスすれば、花に引き寄せられる蜂のように男子を魅了するオーラが出せちゃいそう。

■「そそられる」という声も多かった「ココナツやバニラの甘い香り」

・「甘い香りに弱いから」(24歳/情報・IT/技術職)

・「そそられる感じがしてよい」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「甘い匂いが好きだし、街で香りがすると思わず振り向いてしまう」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

お菓子やデザートを連想させる甘い香りの「ココナツ」や「バニラ」。てっきり男性はこの匂いに「女の子らしさ」や「かわいらしさ」を感じるのかと思っていたら、意外にも「そそられる」「セクシー」という意見が多いのにはびっくり。甘い香りは男性に「食欲」を感じさせるだけでなく「性欲」も喚起するものなのかも?

■「ハーブ」や「森林」系は、ちょっと手を出しにくいイメージ?

・「心が落ち着く」(23歳/電機/技術職)

・「落ち着けるから。大人のイメージ」(30歳/人材派遣・人材紹介/その他)

・「きれいな人から香る印象がある」(33歳/電機/営業職)

女性には人気のアロマ系な「ハーブ」や「森林」の香りは、男子に「大人」を印象づけるよう。癒しにはなるものの、心が落ち着きすぎるために、恋のときめき感まで鎮めてしまうのかも。逆に「そろそろ落ち着きたいな」と結婚を意識している男子には「結婚するならこの女性!」という決め手になる香りとも言えるかも。

■キツいくらいなら「無臭」がいい!

・「人工的な香りは嫌いなので」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「匂いがきついと頭が痛くなるから」(31歳/自動車関連/技術職)

・「別に女性に匂いはいらない」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

フレグランスのつけすぎ、柔軟剤やヘアケアアイテムの強い匂いが苦手、という男子たちは「いっそ無臭で!」派。考えてみれば、香りほど「盛りすぎ」が嫌われるものはありません。どんな香りでも、つけすぎやごちゃまぜミックスは絶対NG。彼に抱きしめられたとき、ふんわり香る程度の「控えめ」感が、効果的に香りを使う秘訣(ひけつ)なのかもしれません。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年2月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]