お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

浮気男が語る“浮気”を隠すテクニック5選「プレゼントやデートコースは統一」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「携帯を見られて彼女に浮気がバレた」なんて話はよく聞きますが、浮気常習犯な男性は、そんなベタなパターンでバレないように常に用心しているもの。手の込んだワザを使って用意周到に浮気をしているかもしれません。そこで、浮気経験のある男性たちに「浮気」を隠すテクニックについて聞いてみました。

■部屋の写真を撮っておく

「浮気相手が俺の家に来る前に、部屋の写真を撮っておく。浮気相手が知らぬ間に配置を変えたり、自分の物を置いて帰るリスクがあるから」(29歳/建築)

浮気相手を家にあげること自体、リスクが高いように感じますが……。現状復帰をここまで徹底しているなら彼女も浮気を見抜けないわけです。

■彼女とSNS上でオープンな関係にする

「Facebookでも彼女とからむようにして関係をオープンにする。そうすると彼女に絶対的な安心感を与えられるし、浮気しにくいだろうという意識を植えつけることができる。これで遊びに誘って乗ってくる女の子は、セカンドの意識がある子だから浮気相手に最適」(23歳/IT)

彼氏がまわりに関係をオープンにしてくれていると、彼女としては愛されていると感じてうれしいもの。この女心を逆手に取っていたなんて……。

■プレゼントやデートコースは統一する

「プレゼントは彼女にも浮気相手にも同じものを用意するし、デートコースもほとんど変えない。誰と何をしたか忘れて墓穴を掘る心配がいらなくなるから」(26歳/メーカー)

何をあげたか忘れてしまうくらい、複数名と浮気をしている男性のパターン。行きつけの飲食店の店員さんがうっかり間違える……ということがなければよいのですが。

■クレジットカードを使わない

「浮気相手とデートする場合は、明細書に残らないようにクレジットカードや高速道路のETCは使わない」(30歳/飲食)

電車のスイカなども履歴が残るので浮気バレツールとして知られています。明細を捨てるなり隠すなりするのではなく、明細に残さないという選択があざとい。

■浮気相手には「出張の多い仕事」と伝える

「浮気相手にはウソでも営業職で出張が多いということを事前に伝えておくと、彼女との時間を確保できるし邪魔されない。彼女と旅行に行ったらお土産を買って、浮気相手には出張先のお土産として渡せるので納得してもらえる」(26歳/飲食)

浮気相手にお土産を渡すことで出張が多いという仕事の裏づけに。本命ではなく浮気相手をうまくコントロールするテクもあるようです。

浮気経験のある男性によると「1%でも浮気を疑われないこと」が浮気するにあたって大前提なのだそう。女性の勘は鋭いですから少しでも疑われた時点で負けという覚悟を持って、徹底的に隠す努力をしているようです。中には「疑われないようにあえて携帯は置いていく」「あらかじめ自分はだらしない人間ということをアピールしている」という猛者もいました。あなたは彼氏の浮気を見抜けますか?

(藤田佳奈美+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]