お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

目の動きで相手の心理状態が分かる―目がパッチリは「興味」

目の動きは自分自身には見えないからこそ感情が反映されやすい部分であり、まわりの人から見ればその人の考えや行動を判断する材料となることがあります。そこで今回は、目の動きから人の心理状態を読み取る方法をご紹介しましょう。

【会話中の彼のしぐさから本当の心理を見抜く「鼻を触る=本当は言いたいことがある」】

■目がパッチリは「興味」

興奮している時、驚いた時になりやすいのが、目を大きく見開く状態。これは「興味」を表しており、目線の先にあるものをじっくりと見ようとする気持ちの表れです。中にはあまりの興奮に目だけをしっかりと開き、目線の先のものを見ないで頭の中で何かを考えていることも。

■まばたきが多いのは「緊張」

普段よりもまばたきの数が多ければ「緊張」の表れ。話すのに慣れていない人、今いる状況が落ち着かない人などに起こりやすくなります。就職のための面接では、こういった光景が度々みられることも。

■目線が落ち着かないのは「動揺」

自信がなくて不安な状態に陥った場合は、目線が定まらずにちょろちょろと辺りを見回すようなことがあります。これは「動揺」の表れで、焦る気持ちが伝わりやすい代表的な行動といえるかもしれません。

■上目づかいは「甘え」

子供が大人に、女性が男性に対して行うことが多いこの行動は「甘え」の表れ。自分が相手よりも下の立場であるということを印象付けています。

■目線を合わせないのは「避けたい」

会話をしているのに常に下を向いていたり、よそ見をして外をみていたりするような場合は、相手を「避けたい」と感じています。その理由としては、何か相手にウソをついていてそれを見抜かれるのが嫌だという場合が多いよう。

■上から見るような目線で相手を見るのは「優越感」

自分が上の立場であるということを相手に印象付けるような場合は、背筋をまっすぐ伸ばして顎をやや上げて相手を見下ろします。これは「優越感」を表し、今の状況を有利にすすめたいと考えていることも。

■横目で見るのは「軽蔑」

恋人同士で歩いている時、彼が他の女性につい目をやった時に、彼女が彼に対して行う……といったようなマンガのワンシーンなどで度々見られる行動は「軽蔑」の表れ。親しい相手にこの行動をとられたのなら、その後の言動には気をつけたいところです。

■まとめ

これらの行動は本人が無意識で行っていることがほとんど。相手の心理状態を読み取るのに夢中になって、自分が逆に読み取られてしまうことのないように注意しましょう。

お役立ち情報[PR]