お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 勝負デート

クリスマス・デートで、正直がっかりした彼女のファッション「露出の高い服装」「ジャージ姿」

頭をかく男性普段は彼女の洋服なんて気にもとめない彼氏でも、クリスマスとなると「また別」。彼女のファッションを見て、正直がっかりした経験を持つ男性もいるようです。そこで「せっかくのクリスマスに、これはないだろう」と思った彼女のファッションについて、男性に聞いてみました。

【クリスマス・デートで、男性のテンションが下がった瞬間「寒くて混んでる」】

■彼女が似合わない洋服を着てきて、正直がっかり

・「似合わない真っ白のコートを着ていたときがっかりました」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

冬だし、クリスマスだし、「白」を選べば間違いなし……と思いきや、人によっては敬遠した方がいいこともある様子。クリスマスだからと気張らずに、自分に似合うもの、背伸びしすぎないものを選んだほうが間違いないかもしれません。

■クリスマスなのに、格好がラフすぎる

・「クリスマスに彼女の家で過ごしたが、ジャージ姿でがっかりした」(30歳/情報・IT/技術職)

・「ジーパン」(30歳/情報・IT/技術職)

キリスト教徒でもあるまいし、クリスマスに大騒ぎする必要なし!そんな思いかどうかはわかりませんが、どんな理由にせよ、やっぱりクリスマスにラフすぎる格好は彼氏をがっかりさせる要因に。最低限、デートっぽい服装を選んだほうがよさそうです。

■手抜きがみられるファッションに、正直がっかり

・「ブーツを脱いだときに履いていた靴下のデザインが微妙だった」(28歳/その他清掃業/技術職)

「自分のために、彼女ががんばってカワイイ格好をしてくれた」ということが、男性はとてもうれしいのだとか。だからこそ、見えないところのこんな手抜きにガッカリするのかもしれません。手抜きには要注意。

■クリスマス無視、またはクリスマスの過剰演出にもご注意を

・「なぜか黒い」(28歳/自動車関連/技術職)

・「服装が派手」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

クリスマスの雰囲気をまるで無視したようなファッション、逆にクリスマスだからと派手すぎるファッションは、彼氏から引かれやすいようです。またクリスマスに限らず、自己主張強めな服装は、男性受けの悪い傾向が。

■プレッシャーを与える、露出度高めの洋服はやめてほしい

・「桃色一色ではぁはぁしている」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「露出の高い服装」(25歳/電機/技術職)

女性の下心を感じるこんな格好は、男性から見ると、脅威に映ることもあるようです。セクシーさを印象づけたいときには、露出度や色のバランスに注意。

人によって好みはそれぞれですが、最低限こんなファッションは控えたほうが、せっかくのクリスマス・デートが盛り下がらずに済むかもしれません。彼氏とクリスマスを楽しみたいなら、ぜひこんな男性からの意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2013年11月にWebアンケート。有効回答数174件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]