お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

私ってA型だなあと思う瞬間4選「ある部分だけキレイ好き」「手を抜く人が許せない」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

多くの人が、世間でよく言われている血液型の特徴に、自身の性格を照らし合わせてみたことがあるはず。「あなた☆型でしょ?」「やっぱり△型かと思った」なんてズバリ当てられた経験も一度や二度、あるのでは? そこで、今回はA型女子に「私って、やっぱりA型だなあ」と実感したエピソードを聞いてみました。



■ある部分だけキレイ好き
「部屋の片づけはわりと適当なのに、本棚の本を作家別に並べたり、浴槽磨きに時間をかけたりと、変なところで几帳面さを発揮したとき。細かいところはきれいでも、部屋全体を見ると散らかっているのが悲しい」(27歳/メーカー)

ステレオタイプなA型の特徴といっても過言ではない「几帳面さ」。「A型でしょ?」と言われるのも、こういった性格を発揮したときではないでしょうか。

■誰かと一緒に行動したくなる
「買い物や映画、食事などに行くときは、必ず誰か一緒に行ける人を探す。誰もつかまらなかったときは、いっそ行くのを諦める」(26歳/飲食)

ひとりで行動するのが苦手とも言われるA型。誘われる側からすると、声をかけてくれるのはうれしいことですよね。

■つい世話を焼いてしまう
「合コンに誘われて行ったとき、飲み物を聞いたり空いた皿を片づけたりと、初対面の人に対していろいろと気を遣いすぎてしまった。結局、自分だけ楽しめず、アドレス交換のチャンスも逃した」(30歳/ブライダル)

あちこちに目を配ったり世話を焼いたりしてくれるのも、A型の魅力。でも、本人としては、「なんだか損した気分になるのは一度や二度ではない」のだとか。

■手を抜く人が許せない
「飲食店でバイトをしていたとき、必要最低限のことしかせず、しかも、ガサツな仕事をする同僚が許せなかった。私は人一倍がんばっていたのに! 同じ時給なんだから、手を抜くところは抜けばいいと言われたけど、私には無理」(25歳/IT)

責任感が強い分、そうでない人にやきもきしてしまうのですね。ただし、溜め込みすぎには注意です。

A型の人は共感できる部分が多かったのでは? もちろん血液型で性格をひとくくりにすることはできませんが、不思議と「わかるわかる!」と思えることも多いんですよね。あなたは自分の血液型を痛感した経験、ありますか?

(立原麻里+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]