お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

完璧主義をなくすと、三日坊主がなくせる心理「少しだけでも頑張った記録を残す」

禁煙、ダイエット、ランニング……何かを決意して「よし、やろう!」と思ったのに、やっぱり三日坊主で終わってしまった。そんなガッカリな体験をした人は多いはず。でも、この意志の弱い三日坊主、何とかしたいと思いませんか?今回は三日坊主の心理に迫ってみたいと思います。

【ランニングで三日坊主にならないコツ「形から入る!」「仲間を見つける」】

■完璧を求めすぎ?

例えば禁煙を目標とし、まずは1週間ごとに数本数を減らす計画を立てたとします。ところがある日、飲み会がありお酒の席で同僚が吸っているのを見たら、どうしても我慢できなくなってしまった。そしてその日の目標を数本オーバーしてしまった……。

ダイエット中の間食も一緒ですが、せっかく頑張ろう!と決意しても、時として意思が緩んでしまうこともありますよね。

挫折してしまう人の多くは、この意思の緩みに「もうダメだ! 計画が崩れてしまった」という思いを強くし、「もういいや」と投げ出してしまうのです。これで三日坊主の出来上がり。振り出しに戻ってしまいました。

しかし、人間そうそう完璧に計画を遂行することは出来ないものです。大人なら同僚や友人との付き合いもあるし、急に仕事が立て込んで、毎日走ると決めたランニングが出来なくなることもあります。

でも、そこで中断してしまっては結果が0に戻ってしまいます。投げ出しそうになったら「たとえ少しぐらい計画が狂っても、続けていればいつか目標は達成できる」ということを思い起こしてみましょう。

■少しだけでも頑張った記録を残す

計画が崩れてしまうことで計画全体を投げてしまう……それでは何の結果も残りませんよね。特に長期的な目標を立てている場合なら、その期間の中で気持ちが萎えてしまったり、予定が狂って思ったような結果が出ないこともあるでしょう。

それでも続けるためには、ほんの少しでも頑張ったらその「記録」を残すことです。「ちょっとだけど走れた」「運動はできなかったけれどスイーツを我慢した」などのような、メモ的記録でも、あなたの「頑張った記録」になり、再び挫折しそうになったときに振りかえることで、「このときも何とか乗り越えた」と、継続する力を与えてくれるのです。

■目標達成のメリットを意識する

気持ちが折れそうになったら、目標を達成したときの自分を強く想像してみるのがやっぱり効果的! 痩せてきれいになった、煙草をやめて恋人から喜んでもらえた、地道に走ったおかげでハーフマラソンに挑戦……などなど、できるだけ楽しい場面を想像します。

これこそが頑張る原動力となるのです。

三日坊主も「あきらめ癖」がついてしまうと、なかなか乗り越えるのが難しいもの。でも、気持ちをどうにかアゲて、やめそうになる自分自身を乗り越えてみてはいかがですか?

お役立ち情報[PR]