お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム ダイエット

あなたがダイエットに失敗する理由は? 成功させる10の法則

こんにちは、操です! 夏、真っ盛りですね。薄着になる季節、みなさんダイエットは進んでますか? 私は、なかなか結果がともなわなくて、ちょっと中だるみしています。食事に気をつけて、運動もしてるんですが、なぜかやせないんですよね……。何か原因があるんじゃないかと思い、ビューティーデザイナーの長瀬サエコさんに「ダイエットが成功しない理由」について、聞いてきました! するとけっこう意外な発見がありました。みなさんのダイエットの参考にしてみてくださいね。

ダイエット=「つらい」「苦しい」「ガマン」、と思っていませんか? ダイエットは本来、キレイになるための“楽しい”もの!

「ダイエットって、食事制限や運動など、つらいですし、がまんすることばかりだと思っています」

長瀬さん「ダイエットは、女性なら“魅力的になりたい”ということが、前提にあると思うんです。だから本来は、楽しいものなんです。操ちゃんは、何のためにダイエットをしていますか?」

「服をオシャレに着こなしたいです。太っていると、好きな服が似合わなかったりして凹みます。やせている人は、洋服をキレイに着こなしていて素敵だなぁと思うので、あこがれます。それに、太っていると不健康にも見えますよね」

長瀬さん「そうですよね。誰でも、キレイになりたい、または健康になりたい、という思いでダイエットをはじめると思います。つまり、ダイエットの最初のイメージは、キラキラした明るいものなんです。みなさん、魅力的になりたい、という思いではじめるのですが、いざはじめてみるとダイエットはつらく苦しく、がまんばかり……とだんだん感じてきてしまいます。それで、なかなか続かないし、やせられない」

「確かにそのとおりです」

長瀬さん「それは、なぜかわかりますか?」

「……運動はキツくて大変ですし、食事は甘いものやお菓子をがまんしなければならないから、ですよね」

長瀬さん「それがちがうんです。みなさん、ダイエットに失敗しているわけではないんですよ! ダイエットには、いろいろな種類がありますよね。そして、みなさんのライフスタイルもそれぞれちがいます。つまり、自分に合ったダイエットをしていないだけなんです」

「えーっ。自分に合ったダイエットをしていないだけ?」

長瀬さん「誰でも必ず、ある程度の食事制限と運動をして、摂取カロリーを減らして消費カロリーを上げればやせるんです。ただ、自分のライフスタイルや体質、性質・性格などに合っていないので、続かない。だからやせられない、というだけなんです。では、どうやって続けられる自分に合うダイエットを見つけるか、簡単に紹介しますね」

「はい、お願いします!」

ダイエットの成功法1 自分に合ったダイエットを見つける

(1)ライフスタイルを検証する

・生活や仕事といった日常のスタイルの中で、ダイエットの時間を無理なくつくれるのはいつなのか?
・朝に時間をつくれるのか、夜なのか、それともまったく時間がないのか
・1日5分でも10分でもエクササイズができる時間帯はいつなのか
・時間がないなら、通勤途中やお風呂に入りながらの「ながらエクササイズ」が向いているのか
・週2~3日のジム通いが可能か、時間的・経済的に無理がないか
・週末に時間があって、運動する時間がつくれるかどうか

※ポイントは、1日や1週間の中で「長く続けられる、ほんの少しの大変さ」をいつ持つのか。ライフスタイルの中の隙間を探す

(2)自分の性質や性格を検証する

・運動は、好きか嫌いか。得意か、苦手か
・運動は好きだけど面倒なのか、時間がないだけなのか、ひとりでやりたくないのか
・グループでやるスポーツやワークアウトなら楽しめるのか
・そもそも運動は、嫌いだし苦手なのか、など
・甘いものが好きで、たくさん食べてしまいがちか
・食事の量をたくさん食べてしまいがちか
・間食、夜食を必ず食べてしまいがちか

※運動のポイントは、好きだったり、楽しく続けられそうな方法を探すこと。食事は、好きなこと・ものを逆手にとって、ダイエットに上手に取り入れる。甘いものは何かができたときのご褒美にする、など(食事については次週詳しく紹介)

無理していませんか? ダイエットは“無理なく”が続けるポイント

長瀬さん「自分に合ったダイエットの見つけ方、何となくわかりましたか?」

「はい、わかってきました!」

長瀬さん「ダイエットは、体が喜ぶ、自分の好きなことを無理なく行うことがポイントです。それは、人それぞれちがってきますので、ご自身が何か好きなのか、無理はしていなかなど、日々のライフスタイルを見直してみてくださいね」

ダイエットの成功法2 とにかく、無理はしない

ボーダーラインを下げる! 前向きに捉えよう

・1日2~3分でもOK。続けることのほうが大切と思う
・ダイエットでやろうとしていたことの3~4割がやれていればOK(100%やろうとしたり、がまんしてると思わない程度)
・苦しくないダイエット(自分が楽しくできるもの)を選ぶ
・ダイエットの時間は、自分に刺激を与える(刺激的な)時間だと思う

※ダイエットはキレイになるためにやるもの。つらく苦しいことでは、なかなかキレイにはならない。ダイエットをマイナスの要素として捉えず、楽しくハッピーなものだと考え方(イメージ)を転換する

お役立ち情報[PR]