お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デート・カップル

この恋はホンモノ? 恋人以外に好きな人ができる心理&対処法

恋愛部長

豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもつ“恋がへたくそな女子代表”恋愛部長さんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。さまざまなトライ&エラーのすえに編み出された、誰でも真似しやすい「恋のメソッド」を指南します!

みなさん、こんにちは! 恋愛部長です。最近の恋の調子はどうですか? 人には言えない悩みがあって悶々としてしまうことはないですか? そんなときは、みんなの悩みの中から、自分にも当てはまる部分を見つけて、突破口を開きましょう。案外、あるある! って思える悩みが多いものですよ。今回のお悩みは?

付き合っている彼とは別に、気が合う「好きな男性」がいます

大学入学当初から、4年間近くも自分に片思いしてくれていた彼と付き合っています。でも、交際相手のほかに、一緒にいるだけで楽しく幸せになれ、自分のことを理解してくれていて、相手の一挙手一投足に感情が浮き沈みしてしまう男性もいて……。本当に好きな人との関係は恋愛に発展する見込みがなく、叶うことがありません。「女は愛されてこそ幸せ」と言いますが、今のお付き合いが正しいのか、やはりよくないものかと悩んでいます。(葉っぱ/26歳/情報・IT/技術職)

うんうん、わかります。自分を好きでいてくれる人が側にいるのに、彼より気が合う「好きな人」がいて、心が揺れる。困りますよね、こういうとき。まさか二股をかけるわけにもいかないし。本当に合っている(と思われる)別の人は、自分のことをそういう感情で好きかどうかわからないし、だったらこのままのほうがいいのかな? と。

これ、片方が付き合っている彼でなくても、気になる人が2人いる状態で、かたや自分を好きでいてくれる人、かたや、相性が合っていて自分も好きな人、という選択肢で悩むケースもあると思います。さて、その場合、どちらを選べばいいのか? どう行動すればいいんでしょうか?

まず、私が思うに。かなり身も蓋もなくて申し訳ないですが、付き合っている人がいるのに、ほかにもっと好きな人が出てきた時点で、その付き合いはダメになる可能性が高いです。「えーっ! そんな殺生な!」と思うかもしれませんが、付き合っている人では満たされない部分があるから、ほかに目が向くんです。「この人の○○なところが××だったらいいのに……」という気持ちが強いから、それを持った人に心が動く。そもそも、「この人と付き合っていて、私、いいのかな……?」という迷いが心のどこかにあるからこそ、きっかけになるような人が現れるんです。

私の恋愛の法則に、「山の頂上の法則」というものがあります。本来は、失恋したあとの男性選びのための法則なんですが。これはつまり「つねに、自分の中でいちばん好きだと思える男性を狙うべし。すでに誰かと比べて2番目だった時点で、付き合うことは妥協になる」ということ。たとえて言うなら、つねに「山のてっぺんを目指す」ってことです。ある山のてっぺんがダメだったとしたら、その山の中腹で満足するのではなく、一度山を下りて、別の新しい山のてっぺんを目指す。それが幸せな恋愛の秘訣。

【次ページ】「2番目に好きな男性」と付き合ってしまう心理

お役立ち情報[PR]