お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家雑学 デート・カップル

“自分にピッタリの結婚相手”との出会いを引き寄せる思考&行動

恋愛部長

豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもつ“恋がへたくそな女子代表”恋愛部長さんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。さまざまなトライ&エラーのすえに編み出された、誰でも真似しやすい「恋のメソッド」を指南します!

こんにちは! 恋愛部長です。最近恋のほうはどうですか? 私には恋愛なんていらないの! なんて口では言ってみても、やっぱり幸せそうなカップルを見ると心がチクチクしちゃいますよね。今日も、みなさんのお悩みの中から、幸せをつかむヒントを探していきましょう。

つい、「恋愛できていない自分」を他人と比べてしまう

今までお付き合いをしたことがありません。なので、結婚生活や恋愛の話題が出たときに、自分の話をすることができず、ついイライラ。「急がなくても別にいいや」とは思っているものの、知人らが結婚していくたびに、つい劣等感を抱いてしまいます……。(ぺそ/26歳/金融・証券/専門職)

今回のご相談、まわりが結婚していく中、出会いもないし、自分は結婚できるか不安になる……ということですね。そうですね~、ホントに最近は、「婚活、婚活」と「カツカツ」うるさいですよね! 私が20代だったころはまだそんなこともなかったし、30代の先輩女子は楽しく遊んでいる印象があって、こんなに悲壮感がなかったものだから、いまは大変だな~と思います。(なんて言いながら、私のように、仕事に夢中になって婚期を逃したりする人も少なくないですが……汗)

でも、こうやってみんなが結婚に前のめりになっていると、ついつい私なんかは、「そこまでして“結婚”ってものを目標にするのってどうなのよ?」って思っちゃいます。なんだか、「一生一緒にいたい人と家庭をつくり、子供を育てていく場所がほしい」という本来の目的よりも、「結婚というものを、さっさとしないといけないらしい」という焦燥感ばかりが先に立っている気がします。「婚活の次は、妊活」という風潮もありますし。女子の人生、活動多すぎでしょ!(爆)

ハッキリ言って、結婚したからって人生ゴールではないと思うし、好きではない相手と条件だけで打算で結婚したって、絶対後悔すると思います。私の知り合いの奥さんが、「親から“結婚、結婚”と急かされて、相手が誰もいなかったから、言い寄ってくれた男性と結婚したけれど、正直憂鬱」と言っているのを聞いて絶句したことがあります。おいおい、そんな理由で結婚してうまくいくの!? って。

何のために結婚したいか? 本当に結婚したいのか? 自分に問いかけてみてください。
もしも、「まわりが結婚していくから」とか、「親が言うから」とか、はたまた「自分ひとりでは食べていけないから」とか、そういう理由だと、 結婚後、いろいろな壁にぶち当たってしまうと思います。結婚って、生活ですからね。女友だちにだって、一日以上いっしょにいたら、好みや習慣の違いにイライラしたりすることもある。ましてや男の人なんて、まるで違う生物みたいなもんですから! そりゃ、ずっと一緒にいるとストレスも感じますよ。

私も、ずいぶん長いこと結婚しませんでした。“結婚手前”までいったこともあったけれど、どうも最後の最後に「この人じゃないな……」って思っちゃって、自分から「ごめんなさい」したりとか(しかも、けっこういい年なのに……)。親からも相当呆れられて、「どこかで目をつぶらないと」とか、「理想が高いんじゃないの?」と言われましたね~。別に理想なんか高くなくて、ただ単に、一緒にいてしっくり来る人、この人とだったらずっと一緒に生きていきたいって思える人がいなかっただけなんだけどなー。
まぁ、私のように、のんきすぎるのも問題ですけど(笑)。

さて、結婚できるのか不安だけれど、出会いがないっていう人。私から見ると、結婚までのステップを2段階ぐらいぶっ飛ばしちゃっているように感じます。結婚するならまずは恋愛しないと。恋愛するには、付き合わないと。そのためには、出会わないと。

一番いいのは、自然な人間関係の中から自分に合いそうな人と意気投合して、付き合ってみて、生活を見て、相手の本質や人生観を知って、そのあと結婚に移行すること。別に、結婚に至らない付き合いもいっぱいある。それは、相手が自分の生涯のパートナーではなかったからで、だけど、その人と付き合うことで勉強になることもいっぱいあるはず。

【次ページ】幸せな結婚を送るために、最低限チェックしておくべきポイント

お役立ち情報[PR]