お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白すれば楽になる。別れても好きな人がいるときの対処法

小日向るり子

別れても元カレが好きなときの対処法

別れた元カレのことを引きずってしまうと毎日がとても苦しいものです。気分も晴れないし、何事も前向きに楽しめない。こうした、「元カレを引きずってしまったとき」はどうすればいいのでしょうか?

告白で思いを伝えると楽になる?

別れても忘れられなくて、どうしても好きな気持ちが消えない場合、まだ相手と連絡が取れるのであれば告白したほうがいいです。

人の気持ちは絶えず動いています。相手の気持ちも別れたときと同じだとは限りません。もしかしたら、時間を置いたことで相手も別れたことを後悔しているかもしれません。つまり、タイミングが合えばまた付き合える可能性はあるということです。告白しなければ復縁の可能性はゼロです。しかし、ダメもとでも告白すれば、可能性は少なくともゼロ以上になるのです。

みなさんは、長い間誰にも言えずに隠していたことを誰かに話したことでスッキリした経験はありませんか? 感情を吐き出すということは心を浄化させること。結果がどうであろうと、自分の気持ちを伝えるという行為だけで浄化できる感情は必ずありますので、許される状況であれば告白はしたほうがいいです。

また、何回も断られてようやくスッキリと別れを受け入れられるという場合もあります。二度言ってわかる、ということも世の中には多くありますが、人との別れも同じです。

ただし、強引な言動は絶対にしないこと。告白することで相手に嫌われてしまうのは避けましょう。暴走しそうな気持ちがある場合は、信頼できる第三者に必ず相談してくださいね。

別れても好きな人を忘れる方法

(1)付き合っていたときのデメリットを羅列する

別れた直後はメランコリックな気分が強いため、相手を美化する傾向にあります。そんなときこそ、別れた相手を冷静に分析してみましょう。紙に、別れた人の嫌だった点、そのまま付き合っていた場合のデメリットを書き出すのです。

どんなに好きであっても、自分と合わない点や、将来を考えた場合にデメリットになる点がいくつかあるはずです。それを可視化することで、理性的な考えが戻ってきます。まずは理性で別れを受け入れること。それができなければ情を消すことはできません。

(2)あたりまえの日常をきちんと送る

朝起きる、ご飯を食べる、仕事をする、お風呂に入る、寝る、洗濯をする、掃除をする、といった日常をきちんとていねいにすることを意識して生活してください。

どんなにつらい別れを経験しても、涙が止まらない夜があっても、日常はまわっていきます。「彼がいなくても自分は生きていけるのだ」と頭でなく体でわかったときに、好きな人は過去の人となっていきます。

(3)新しい恋をする

前述したように、女性は新しく恋をすると思い出を上書きするので、過去の恋人のことが消えていくケースが非常に多いです。ずばり、好きな人を忘れられない場合の特効薬は「新しい恋」をすること。失恋の喪失感情に思い切り浸る時間も必要ですが、ずっと続けているのは精神衛生上おすすめできません。ある程度でスッパリと切り上げましょう。

別れたことを友達にもどんどん言ってしまいましょう! そうすると飲み会やパーティに誘ってくれるチャンスも増えます。社交的な友だちに声をかけたりすることで、出会いのチャンスも広がります。「新しい恋を見つけるのだ!」と心に決めて、一歩を踏み出す気持ちが大切です。

次ページ:勇気を持って次の恋に進もう!

SHARE