お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

POP広告のプロになるには?必要なPOP広告資格や仕事内容は?

POP広告のプロになるには?必要な資格や仕事内容は?

店頭・店内の商品アピールし、消費者の購買意欲を高めるPOP広告ですが、プロとしての活躍も可能です。

ここでは、POP広告のプロになるために必要な資格・仕事内容についてご紹介します。

POP広告資格を通信講座で取得できる諒設計アーキテクトラーニングはこちら!

POP広告とは

POP広告とは

POP広告にあるPOPとは「Point Of Purchase」の略称で、店内・店頭の商品をアピールし、消費者の購買意欲を高める目的で利用される広告媒体を指します。

また、POP広告は、消費者の購買意欲促進だけではなく、店内の活気づけとして利用されるケースもあります。

一概にPOP広告といっても用途によって使い分けされており、次の種類に分類されます。

  • アウトショップ用POP広告
  • インショップ用POP広告
  • 商品回り用POP広告

それぞれの特徴をみていきましょう。

アウトショップ用POP広告

アウトショップ用POP広告とは、集客する目的で使われるPOP広告を指し、店頭に張り出されている大きいポスターや横断幕、のぼりなどが該当します。

アウトショップ用POP広告は、通りすがりの方への入店を促す目的で使用されるため、インパクトを与える広告であることが求められます。

また、ポスターを見た人が、瞬時にお店の特色や取り扱っている商品が分かるような広告作りを意識すると、より集客効果が期待できます。

インショップ用POP広告

インショップ用POP広告とは、店内に掲示する広告を指し、商品棚付近に掲示してあるポスターや、天井から吊り下げたポスターが該当します。

商品の位置や商品の特徴などを分かりやすく伝え、購買意欲を高めることがインショップ用POP広告の主な目的ですが、店内の雰囲気を伝える役割もあります。

そのため、インショップ用POP広告をデザインする際には、店内の雰囲気や、そのお店がターゲットとしている客層をしっかり把握することが求められます。

商品回り用POP広告

商品回り用POP広告は、商品の機能や価格などを掲載する広告を指し、プライスカードや商品案内が該当します。

商品回り用POP広告の設置により、購入を検討している方の購買意欲をさらに高める効果があるだけではなく、他の商品と比較する際の判断材料にもなるため、分かりやすい情報掲載が求められます。

POP広告資格を通信講座で取得できるSARAスクールはこちら!

POP広告のプロになるには

POP広告のプロになるには、学歴は関係なくどなたでも目指すことが可能です。しかし、POP広告に関する専門的知識を習得しないことには、プロとして活躍することは難しいでしょう。

また、POP広告のプロとしての活躍を目指す場合は、POP広告に関する資格を取得すると、POP広告に関する知識が習得していると証明され、自身の強みとなります。

長期的にPOP広告のプロとして活躍したい方、POP広告のプロとして活躍の場を広げたい方は、資格取得を目指しましょう。

POP広告資格を通信講座で取得できる諒設計アーキテクトラーニングはこちら!

POP広告の仕事内容と活躍分野

POP広告の仕事内容と活躍分野

POP広告の資格取得後は、以下の現場で資格を活かしながら働けます。

  • スクール
  • 一般企業
  • 独立開業

それぞれの仕事内容についてご紹介します。

スクールでの仕事内容

POP広告に関する資格取得後は、スクールやセミナーで講師としての勤務が可能です。

「人に物事を教えるのが好き」「日々新しい知識を習得することにやりがいを感じる」という方は、POP広告講師が適しているでしょう。

主に生徒と直接接することになるため、コミュニケーション能力が長けている方もPOP広告講師に適しています。

それに対し、「1人でコツコツ作業を進めるのが好き」という方は、POP広告講師として勤務するのは難しいでしょう。

ただし、講師として勤務する場合、非常勤講師として勤務するケースが多い傾向にあります。

給与体制自体は、勤務する学校の運営形態によって異なるため、決して低所得になるとは限りませんが、安定性は期待できません。

POP広告講師として長期的にスクールで勤務したい場合は、それなりのキャリアを築き上げる必要があるでしょう。

一般企業での仕事内容

「できるだけ安定性を求めたい」「長期的にPOP広告に携わりたい」という方は、一般企業に就職してPOP資格に関する資格を活かす道もあります。

その場合、次のような企業であればPOP広告資格を活かせる職場と言えます。

  • デザイン事務所
  • 広告代理店
  • 広告制作会社
  • メディア制作会社
  • 百貨店
  • スーパーマーケット
  • ドラッグストア

いずれの企業もアルバイト、パート、準社員、正社員と様々な雇用形態で採用を行っているため、自分が好きなワークスタイルでの勤務が可能です。

また、企業によっては正社員で年収500万円以上というケースも珍しくはありません。

ただし、デザイン事務所、広告代理店、広告制作会社、メディア制作会社に関しては、ポスターや販促物だけではなく、Webデザインも行うこともあるため、Webデザインに関する知識も高めておくと、さらに自身のアピールポイントとなるでしょう。

独立開業

「フリーランスとして活躍したい」「自分のペースで働きたい」という方は、POP広告クリエイターとして独立開業する選択肢もあります。

また、創造性が強く、「自分のデザインした広告で勝負したい!」という方も、独立開業により、POP広告クリエイターとしてのやりがいを感じられるでしょう。

ただし、独立開業する場合、クライアントからの信頼を得る必要があります。

自身が制作したPOP広告に説得力を与えるためにも、まずはPOP広告クリエイターとしての実績を作りましょう。

POP広告クリエイターとして実績を作る方法として、以下の方法が挙げられます。

  • 一般企業に就職する
  • スキルフリマアプリを活用する

着実にキャリアを伸ばしたい方は、一般企業に就職して、独立開業を目指したほうがスムーズでしょう。

それに対し、自分のペースでコツコツとキャリアを伸ばしていきたい方は、スキマフリマアプリを活用する方法が適しています。

POP広告資格を通信講座で取得できるSARAスクールはこちら!

POP広告資格の勉強・学習方法

POP広告に関する資格は、以下の3通りの方法による学習が可能です。

  • 美術大学への進学
  • デザイン学校への進学
  • 通信講座の受講

POP広告における専門知識を身につけるためには、美術大学やデザイン学校に進学する方法が挙げられます。

美術大学やデザイン学校では、デザインの基礎はもちろんのこと、表現方法や柔軟な発想をもたらすトレーニング方法について学びます。

定期的にPOP広告の作品を制作するため、今持っている自分のスキルを把握しながら、学習が進められます。

なお、「高等教育機関に進学するのは難しい」という方は、通信講座でPOP広告に関する講座の受講も可能です。

通信講座では、デザインの基礎や配色の使い分け、目的別のPR方法について学びます。

美術大学やデザイン学校のように高度な専門知識を習得するのではないので、どなたでも学びやすいといったメリットがあります。

さらに、費用も抑えられるので、なるべくコストをかけない方法で学びたい方にも通信講座による受講がおすすめです。

POP広告資格を通信講座で取得できる諒設計アーキテクトラーニングはこちら!

POP広告資格|代表的な資格

POP広告資格 代表的な資格

POP広告に関する代表的な資格として、次の3つが挙げられます。

  • POP検定(POP広告クリエイター技能審査試験)
  • POP広告デザイナー
  • POP広告アーティスト

それぞれの特徴と資格取得方法をみていきましょう。

POP検定(POP広告クリエイター技能審査試験)

POP検定の概要と資格取得方法をご紹介します。

POP検定の資格取得方法

POP検定は、一般社団法人 日本POPサミット協会主催「POP広告クリエイター技能審査試験」を受験し、資格取得する方法があります。

POP広告クリエイター技能審査試験 | 一般社団法人 日本POPサミット協会

この試験の主な目的は次のとおりです。

  • 店舗、サービス機関における実践的なPOP広告制作
  • レタリング技術の習得能力の審査
  • POP広告を描く作成技術の習得能力の審査

合格率は約80%と決して難易度が高い試験ではないのですが、POP広告制作における能力を身につけていないと、試験合格は難しいでしょう。

POP広告クリエイター技能審査試験に関して学ぶ方法には、独学で学ぶ方法と美術系専門学校や通信講座で学ぶ方法の2通りの方法があります。

独学で学ぶ場合は、一般社団法人公開経営指導協会の公式ホームページから参考書を購入することが可能です。

(引用:一般社団法人公開経営指導協会 検定教材情報・書籍一覧)

なお、POPクリエイター技能審査試験の受験は、広告制作会社など広告制作をメインとしたお仕事に就きたい方だけではなく、小売業の販売員としてキャリアアップしたい方にもおすすめです。

POP広告デザイナー

POP広告デザイナーの概要と資格取得方法をご紹介します。

POP広告デザイナーの資格取得方法

POP広告デザイナーは、日本デザインプランナー協会主催の「POP広告デザイナー認定試験」を受験し、資格取得する方法があります。

この試験では、次のような内容が問われます。

  • ビジネスデザインの対象媒体
  • ビジネスデザインの制作手順
  • グラフィックデザイン
  • CGイラストのデザイン広告戦略とデザイン
  • 広告とデザインのマッチング

受験資格が「実務経験の目安が1年程度以上、専門学校などでPOP広告作成に関する学習をしている人」と設けられているため、POP広告を学んで1年未満の方の受験はできません。

当日は、実技試験と筆記試験が実施されますが、在宅受験が可能です。POP広告デザイナーとして活躍したい方だけではなく、職場でのキャリアアップを目指す方にもおすすめの資格です。

POP広告デザイナー資格検定の概要はこちら

POP広告アーティスト

POP広告アーティストの概要と資格取得方法をご紹介します。

POP広告アーティストの資格取得方法

POP広告アーティストは、日本インストラクター技術協会主催の「POP広告アーティスト(POP広告資格)」を取得する方法があります。

POP広告アーティスト(POP広告資格)の試験は、年に6回実施されており、在宅受験が可能であるため、自分が好きなタイミングでの受験が可能です。

この試験では、次のような内容が出題されます。

  • 斬新なデザインの活用
  • オンデマンド印刷の企画・印刷までの流れ
  • 情報の優先度を決める方法
  • ユーザーの年齢や販売層を特定する方法

なお、資格取得後は、POP広告に関する講師としても働けます。POP広告のプロフェッショナルを目指したい方におすすめの資格です。

POP広告アーティスト資格検定の概要はこちら

どの資格がおすすめ?

どの資格がおすすめ?

POP広告のプロを目指す方は、次の2つの資格取得がおすすめです。

  • POP広告デザイナー認定試験
  • POP広告アーティスト

その理由について解説します。

POP広告デザイナー

POP広告のプロを目指している方は、日本デザインプランナー協会主催「POP広告デザイナー認定試験」の取得を目指しましょう。

「POP広告デザイナー認定試験」では、グラフィックデザインやCGデザイン、イラストなど多岐にわたってデザインのノウハウが習得できます。

また、広告戦略も学べるため、POP広告のプロとして即戦力となるような知識も得られます。

POP広告デザイナー資格検定の概要はこちら

POP広告アーティスト

POP広告のプロを目指す方には、日本インストラクター技術協会主催「POP広告アーティスト(POP広告資格)」の資格取得もおすすめです。

POP広告アーティストでは、キャラクターを採用したデザインの作成や、イメージの演出方法などPOP広告の基礎を学べます。

また、ユーザーがPOP広告を見てどのように感じるのか、ユーザーの体感についても知識を得られるため、知識がすぐに現場で活かせます。

POP広告アーティスト資格検定の概要はこちら

POP広告資格を学べる通信講座はこちら

POP広告資格を学べる通信講座はこちら

POP広告のプロを目指している方の中には、「美術系の専門学校や短期大学に通う余裕がない」という方もいるでしょう。

また、「仕事とPOP広告に関する資格取得を両立させたい」という方もいるかと思います。

そのような方には、通信講座での学習がおすすめです。効率的にPOP広告に関する資格取得が目指せる通信講座を2つご紹介します。

POP広告デザイナーW資格取得講座|諒設計アーキテクトラーニング

「POP広告デザイナー」と「POP広告アーティスト」、両方の資格取得を目指す方には、諒設計アーキテクトラーニングの「POP広告デザイナーW資格取得講座」がおすすめです。

この講座は、1日30分学習でも約6ヵ月で無理なく履修でき、努力次第では2カ月で資格取得が目指せます。

また、「POP広告デザイナーW資格取得講座 スペシャル講座」では試験免除となっているため、受講するのみで2つの資格が取得できます。

POP広告資格を通信講座で取得できる諒設計アーキテクトラーニングはこちら!

POP広告資格取得講座|SARAスクールジャパン

「POP広告デザイナー」と「POP広告アーティスト」、2つの資格取得を目指す方には、SARAスクールジャパンの「POP広告資格取得講座」もおすすめです。

この講座には、初期費用を抑えたい方向けのコース「基本コース」と、試験免除・課題提出のみで資格取得が目指せるコース「プラチナコース」が用意されています。

どちらのコースも短期集中して2ヶ月での資格取得が目指せます。

できるかぎり早くPOP広告に関する資格を取得したい方はプラチナコース、じっくり学びながら資格取得したい方には基本コースが適しているでしょう。

POP広告資格を通信講座で取得できるSARAスクールはこちら!

SHARE