【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

産院で「赤ちゃんの沐浴の直前は授乳を控えてください」と言われることがありますが、沐浴の後の授乳はどうしたらいいのでしょうか。また、沐浴の後は母乳やミルクではなく白湯などの方がいいのかな? と迷う人も少なくないようです。今回は新生児期の赤ちゃんの沐浴後の授乳について、助産師が解説します。


みんな悩んでいる「沐浴後の授乳」

Getty logo

新生児の時期、ベビーバスなどで赤ちゃんを沐浴させるご家庭も多いことでしょう。そんな中、こんな声をよく聞きます。

「母乳だけだと授乳回数も多いし、沐浴の時間をどうしたらいいのか、いつも迷ってた」
「母に『沐浴の後の水分補給には白湯の方がいい』と言われたけれど、ほんと?」
「授乳後はすぐに沐浴させないでと聞いたけど、沐浴後の授乳も何か注意が必要?」

新生児の頃は1日に8回以上の授乳回数になることも多く、沐浴の時間と授乳の時間の兼ね合いがうまくいくか不安になることもあるでしょう。また、授乳後の水分補給も、いつ・何を・どのくらい与えたらいいか、疑問に思う親御さんも少なくありません。

沐浴後はすぐに授乳していい? 量は?

Getty logo

沐浴の後、赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがっているようなら、スキンケアや着替えを終えて落ち着いたら授乳をしていいでしょう。

身体が温まっていると、全身の血流はよくなっているものの、消化に必要な血流は胃に集まりにくく、消化機能が落ちていることがあります。赤ちゃんによっては、沐浴直後の授乳で吐き戻してしまうこともあるので、できれば沐浴直後の授乳は避けられればいいですね。

沐浴後、どのくらい時間をおく?

Getty logo

大まかな目安として、沐浴後30分ほど経ってから授乳をすると、吐き戻しなどの心配が減るでしょう。

ただし、赤ちゃんが空腹で激しく泣いていたりするようなら、あやして落ち着かせたら授乳を始めてもいいですよ。吐き戻しの対策として、授乳の後はすぐに横に寝かせず、しばらく縦に抱っこしているといいでしょう。

母乳やミルク、どのくらいあげる?

Getty logo

体内の水分量は新生児で80%、乳児は70%と占める割合が高く、大人よりも脱水になりやすいとされています。たくさん汗をかけば体の中の水分量が減ることもあるので、水分補給の意味でも授乳は重要です。

母乳栄養ならば、赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげましょう。

ミルクであれば、沐浴の後がちょうどミルクのタイミングであれば、いつもの量であげてください。ミルクのタイミングまでまだ時間があるときは、20ml前後のミルクを水分補給として飲ませてあげるといいでしょう。

沐浴後の白湯は必要?

Getty logo

沐浴後に白湯を飲ませる必要はありません。

白湯や麦茶には、母乳やミルクに含まれる栄養などが入っていません。白湯や麦茶でお腹がいっぱいになってしまったら、母乳やミルクを飲む量が減ってしまう恐れがあります。

医学的に、生後6ヶ月までの赤ちゃんに母乳・ミルク以外のものは必要ないので、沐浴後に限らず、生後6ヶ月までは白湯や麦茶を飲ませる必要はありません。

授乳のタイミングのコツ

Getty logo

沐浴は、授乳直後や授乳直前の空腹時は避け、赤ちゃんの機嫌がいいときにしましょう。赤ちゃんに生活のリズムをつけてあげるためにも、だいたい同じ時間帯に沐浴をするといいですね。

また、沐浴の後は比較的よく眠ることが多いです。沐浴後に授乳のタイミングがくるように合わせると、赤ちゃんも満足して寝てくれるので、疲れているママも体を休められるでしょう。

まとめ

沐浴の後、赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがっているようなら、スキンケアやお着替えを終えて、落ち着いたら授乳をしていいでしょう。吐き戻し防止のため、できれば沐浴直後の授乳は避け、沐浴後30分ほどを目安にして、授乳をしましょう。また、沐浴後の水分補給に白湯や麦茶を無理に飲ませる必要はありません。沐浴後も母乳やミルクをあげましょう。

この記事を解説してくれた先生
坂田 陽子先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

(文:坂田陽子先生)

※画像はイメージです。

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

【助産師監修】初乳はいつまで出る?その後出る母乳(成乳)との違いって?

「産後すぐに出る“初乳”は大事らしい」という知識を持っている人は少なくないようですが、なぜ大事なのか、いつまで出るものなのか、それ以降の母乳とはどう違うのか、となると「??」となってしまうものですよね。今回はそんな初乳にまつわるクエスチョンについて解説します。


【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

【助産師監修】新生児が母乳をうまく飲めてない!?4つのケースと対策

新生児の赤ちゃんはまだ母乳をうまく飲めない子もいますが、その理由はさまざまです。今回は「赤ちゃん、母乳をうまく飲めてない?」と思われるケース別に対処法を考えます。


【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

【助産師監修】母乳/ミルク/混合 タイプ別お悩み相談22件

赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、母乳や育児用ミルク(以下、ミルク)から栄養や水分を得て暮らしていきます。栄養方法を何にするかはママや赤ちゃんの状況によって変わってきますが、それぞれに悩みや疑問を持つものです。今回は、母乳メインのママ、ミルクメインのママ、混合(以下、混合)のママそれぞれのお悩みに答えます!


最新の投稿


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。


ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

ベビーフードはいつからいつまで食べさせる?【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、大人の食事とは別に赤ちゃんの食事を用意しなければならず大変ですよね。そんな時に救世主になってくれるのがベビーフードです。今回は、ベビーフードはいつからいつまで食べさせるものなのか、おすすめのベビーフードにはどんな種類があるのかなどについて調査してみました。


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

幼児食の献立、どう考える?簡単・人気のレシピも紹介【管理栄養士監修】

離乳食を完了後は幼児食へ移行しますが、毎食の献立どうしていますか。どんなことに注意すればよいのか、幼児食づくりに向けて、簡単な人気レシピをご紹介します。