【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

【助産師解説】新生児、沐浴後の授乳は必要?タイミングは?白湯が必要?

産院で「赤ちゃんの沐浴の直前は授乳を控えてください」と言われることがありますが、沐浴の後の授乳はどうしたらいいのでしょうか。また、沐浴の後は母乳やミルクではなく白湯などの方がいいのかな? と迷う人も少なくないようです。今回は新生児期の赤ちゃんの沐浴後の授乳について、助産師が解説します。


この記事を解説してくれた先生
看護師、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。 葛飾赤十字産院、愛育病院、聖母病院のNICU・産婦人科に勤務し、延べ3000人以上の母児のケアを行う。その後、都内の産婦人科病院で師長を経験。現在は東京で「すみれ出張助産院」を開業している。
HP:https://sumire-josanin.com/

「坂田 陽子 先生」記事一覧はこちら⇒

みんな悩んでいる「沐浴後の授乳」

新生児の時期、ベビーバスなどで赤ちゃんを沐浴させるご家庭も多いことでしょう。そんな中、こんな声をよく聞きます。

「母乳だけだと授乳回数も多いし、沐浴の時間をどうしたらいいのか、いつも迷ってた」
「母に『沐浴の後の水分補給には白湯の方がいい』と言われたけれど、ほんと?」
「授乳後はすぐに沐浴させないでと聞いたけど、沐浴後の授乳も何か注意が必要?」

新生児の頃は1日に8回以上の授乳回数になることも多く、沐浴の時間と授乳の時間の兼ね合いがうまくいくか不安になることもあるでしょう。また、授乳後の水分補給も、いつ・何を・どのくらい与えたらいいか、疑問に思う親御さんも少なくありません。

沐浴後はすぐに授乳していい? 量は?

沐浴の後、赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがっているようなら、スキンケアや着替えを終えて落ち着いたら授乳をしていいでしょう。

身体が温まっていると、全身の血流はよくなっているものの、消化に必要な血流は胃に集まりにくく、消化機能が落ちていることがあります。赤ちゃんによっては、沐浴直後の授乳で吐き戻してしまうこともあるので、できれば沐浴直後の授乳は避けられればいいですね。

沐浴後、どのくらい時間をおく?

大まかな目安として、沐浴後30分ほど経ってから授乳をすると、吐き戻しなどの心配が減るでしょう。

ただし、赤ちゃんが空腹で激しく泣いていたりするようなら、あやして落ち着かせたら授乳を始めてもいいですよ。吐き戻しの対策として、授乳の後はすぐに横に寝かせず、しばらく縦に抱っこしているといいでしょう。

母乳やミルク、どのくらいあげる?

体内の水分量は新生児で80%、乳児は70%と占める割合が高く、大人よりも脱水になりやすいとされています。たくさん汗をかけば体の中の水分量が減ることもあるので、水分補給の意味でも授乳は重要です。

母乳栄養ならば、赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげましょう。

ミルクであれば、沐浴の後がちょうどミルクのタイミングであれば、いつもの量であげてください。ミルクのタイミングまでまだ時間があるときは、20ml前後のミルクを水分補給として飲ませてあげるといいでしょう。

沐浴後の白湯は必要?

沐浴後に白湯を飲ませる必要はありません。

白湯や麦茶には、母乳やミルクに含まれる栄養などが入っていません。白湯や麦茶でお腹がいっぱいになってしまったら、母乳やミルクを飲む量が減ってしまう恐れがあります。

医学的に、生後6ヶ月までの赤ちゃんに母乳・ミルク以外のものは必要ないので、沐浴後に限らず、生後6ヶ月までは白湯や麦茶を飲ませる必要はありません。

授乳のタイミングのコツ

沐浴は、授乳直後や授乳直前の空腹時は避け、赤ちゃんの機嫌がいいときにしましょう。赤ちゃんに生活のリズムをつけてあげるためにも、だいたい同じ時間帯に沐浴をするといいですね。

また、沐浴の後は比較的よく眠ることが多いです。沐浴後に授乳のタイミングがくるように合わせると、赤ちゃんも満足して寝てくれるので、疲れているママも体を休められるでしょう。

まとめ

沐浴の後、赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがっているようなら、スキンケアやお着替えを終えて、落ち着いたら授乳をしていいでしょう。吐き戻し防止のため、できれば沐浴直後の授乳は避け、沐浴後30分ほどを目安にして、授乳をしましょう。また、沐浴後の水分補給に白湯や麦茶を無理に飲ませる必要はありません。沐浴後も母乳やミルクをあげましょう。

(文:坂田陽子先生)

※画像はイメージです。

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

授乳で悩むママに知ってほしい! 搾乳・母乳保存グッズの“機能面”以外のメリットとは?

ピジョンは、ユニセフとWHO(世界保健機関)が1990年に制定した8月1日〜7日の「世界母乳育児週間」に向けて、この度、「母乳育児と授乳関連商品に関する調査」を実施しました。


平野ノラさん「搾乳した母乳を捨てる時ってなんだかモヤモヤしてかなぴー」心情を吐露。働くママの搾乳事情

平野ノラさん「搾乳した母乳を捨てる時ってなんだかモヤモヤしてかなぴー」心情を吐露。働くママの搾乳事情

芸人の平野ノラさんが、7月13日にInstagramとブログを更新し、仕事中の「搾乳」風景をうつした写真を公開。ロケバス内で搾乳機を使っているそうですが、その心情を綴りました。


押切もえさん第二子出産、動画で赤ちゃんを紹介「ちっちゃいですよね、まだ。でもすぐ大きくなっちゃう」

押切もえさん第二子出産、動画で赤ちゃんを紹介「ちっちゃいですよね、まだ。でもすぐ大きくなっちゃう」

タレントの押切もえさんが、7月12日に「先週、第二子を出産しました」と報告。すでに退院しているそうで、YouTubeでは生まれたばかりの赤ちゃんの様子も紹介しています。


【医師監修】新生児の横向き寝は危険? 寝かしつけやゲップが出ないときはどうする?

【医師監修】新生児の横向き寝は危険? 寝かしつけやゲップが出ないときはどうする?

新生児の寝姿はとてもかわいいですね。でも、横向きで眠っていると、「仰向けでなくていいの?」と気になるのでは。そこで今回は、新生児を横向きで寝かせていいのか、新生児を寝かしつける場合の注意点は何か、などを説明します。


【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

「断乳ってコツはあるの?」「断乳したいけど乳腺炎が心配」など、断乳についてより詳しく知りたい母乳育児中のママもいると思います。今回は、断乳と圧抜きの方法、断乳スケジュール、実施時の注意点などを解説します。


最新の投稿


【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

Instagramで子育て漫画を発信されるマダムカルピ子さん。マダムカルピ子さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

赤ちゃんの爪はとても小さいものです。爪切りのときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか? 爪切りのやり方や頻度、切るときの工夫や注意点、うっかり指先を切った時の対処方法などを知っておきましょう。


【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

「断乳ってコツはあるの?」「断乳したいけど乳腺炎が心配」など、断乳についてより詳しく知りたい母乳育児中のママもいると思います。今回は、断乳と圧抜きの方法、断乳スケジュール、実施時の注意点などを解説します。


離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

アレルギーのリスクがある卵は、離乳食作りの中でもちょっと難しさを感じがちな食材の一つでしょう。卵黄(卵の黄身)のみから始めたら、いつから卵白(白身)を含めた全卵を食べられるようになるのでしょうか。今回は卵の全般的な特徴をしっかり掴んで、離乳食づくりにも生かしやすいように情報をまとめています。


【医師監修】赤ちゃんが寒がっているサインとは? 寒さ対策もチェック!

【医師監修】赤ちゃんが寒がっているサインとは? 寒さ対策もチェック!

冬だけでなく、夏に冷房した室内でも、赤ちゃんが寒くないかと気になることはありませんか? 赤ちゃんが体調を崩さないように、寒がっているのがわかると助かりますね。今回は、赤ちゃんが寒いときのサインと、寒さ対策をまとめました。