【助産師解説】新生児の吐き戻しはなぜ起こる?考えられる3つの原因と対策

【助産師解説】新生児の吐き戻しはなぜ起こる?考えられる3つの原因と対策

新生児期の吐き戻しについて、その原因と対策を助産師がアドバイスします。赤ちゃんの吐き戻しは生理的なものと言われても、その量や頻度が多いと心配になりますよね。原因別の対策を立てて、不安を取り除きましょう。


「新生児 吐き戻し」についてわかること

<疑問1>新生児の吐き戻しで受診が必要な場合って?

〜吐き戻しの2つのタイプと危険サイン〜

吐き戻しする新生児
Lazy dummy

赤ちゃんの吐き戻しには、2つのタイプがあります。タイプによって原因や対策が異なるだけでなく、場合によっては危険なサインが見られることもあるので、まずはミルクや母乳の吐き方のパターンについて詳しく知っておきましょう。

溢乳(いつにゅう)と嘔吐(おうと)について

赤ちゃんの吐き戻しは、出方によって溢乳と嘔吐の大きく2つのパターンに分かれます。

溢乳とは、授乳後に口から少量の母乳やミルクがだらだらと出てくる状態を指します。授乳後に乳が吐き出されることに変わりはありませんが、赤ちゃん特有の生理的な現象なので問題はありません。「吐く」という言葉には病気のようなイメージが含まれるので、このような現象には「吐」という漢字がつかない「溢乳」という言葉が昔から使われています。

一方の嘔吐は、授乳後に多くの量を一度に吐く状態、または飲んだ母乳やミルクを勢いよく吐き出す状態を指します。嘔吐の場合は生理的なもの以外の要因がひそんでいる可能性があり、その他に見られる症状によっては危険な場合もあるので、注意が必要です。

こんなときはすぐに受診!吐き戻しの5つの危険サイン

嘔吐とともに以下のような症状が見られるときは、すぐにかかりつけの病院を受診しましょう。

・体重がなかなか増えない、増え方が悪い
・これまでなかったのに、急に勢いよく、あるいは大量に吐くようになった
・授乳後の呼吸がおかしい
・不機嫌、飲みっぷりが悪い、顔色が悪いなど、気になる様子が見られる
・発熱、下痢、血便などの症状を伴う

このような症状や様子は見られず、吐き戻しの症状だけが見られるときは、原因を見極めて対策を立てることが大切です。気になるときはかかりつけの医師に相談し、一緒に要因を探してみましょう。

<疑問2>新生児がよく吐き戻すのはなぜ?対策は?

〜赤ちゃんの吐き戻しのよくある原因と対策〜

では、新生児の吐き戻しにはどのような原因があるのでしょうか。考えらえる3つの要因と対策についてお伝えします。

ゲップ不足の可能性

吐き戻しが起こる原因のひとつに、ゲップの不足が考えられます。

赤ちゃんは、哺乳方法によっては母乳やミルクを飲む際に空気も一緒に飲んでしまいます。まだ飲むのが上手でない新生児期は、よりそうでしょう。空気を飲む量が多いと、授乳後にしっかりゲップをさせないと吐き戻しやすくなるので、吐き戻しが多い赤ちゃんは、まず授乳後にしっかりゲップをさせてあげるよう心がけましょう。

また、母乳の場合はラッチオン(吸着)がうまくいかないと空気を飲みやすくなります。飲むときに赤ちゃんがおっぱいを深くくわえているか、唇を巻き込んでいないか、吸うときに舌打ちするような音がしないかなど、正しくくわえられているかを常に確認しましょう。

ミルクの場合は、乳首の形やサイズが赤ちゃんの口に合わなかったり、ミルクを飲み終わった後も吸い続けると空気を飲みやすくなります。

【助産師解説】新生児のゲップが出ない…助産師が教えるゲップを出すコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3524

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3509

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。

飲みすぎの可能性

新生児の吐き戻しの原因には飲むすぎのことも。哺乳瓶と赤ちゃんの手。
Lazy dummy

時間をかけてゲップをさせようとしてもゲップが出ない、あるいはラッチオンなどを見なおしたけれど一向に吐き戻しが改善されないというときは、他の可能性が考えられます。そのひとつが、飲みすぎです。新生児期の赤ちゃんの胃はとっても小さいので、母乳やミルクを必要量以上に飲ませてしまうと飲み過ぎた分は吐いてしまいます。

飲みすぎになってしまうのには、多くの場合に母乳の不足感が要因となります。母乳はミルクと違って飲んだ量がはっきりわからないので、授乳したのに赤ちゃんが泣き続けたり、ぐずったりすると、「もしかして母乳が足りてない?」と心配になりやすいです。不安になって必要以上にミルクを足してしまうと、本当は足りていたとしても赤ちゃんは与えられるままに飲み続け、飲んだ量が多すぎてたくさんの量を吐き戻すことにつながります。そして、吐き戻したことで再び泣き、また授乳する。飲みすぎてまた吐く……という悪循環に陥る場合もあります。

吐き戻しが多いときは、まずはどれくらい母乳が飲めているか「直母量」※を測ることをお勧めします。そこで母乳の出具合と赤ちゃんの体重増加具合、一日の哺乳回数や一回量をチェックしてトータル的に母乳が多すぎなのかどうか確かめていく必要がありますので、一度助産院や保健師さんに相談してみることをお勧めします。

※直母量:赤ちゃんが母乳を飲み取っている量。授乳前後の赤ちゃんの体重の差分で量る。

胃食道逆流(GER)の可能性

決して飲みすぎているわけではないのによく吐くという場合は、胃食道逆流(GER)によって起きている可能性があります。赤ちゃんの頃は胃と食道のつなぎ目にある逆流防止の弁の機能がまだ弱く、逆流したものが口から出ることもあります。胃食道逆流自体は健康な赤ちゃんにも起こりうる生理的な現象で、生後4ヶ月の乳児の67%に見られるというデータもあります[*1]が、成長に伴い治まっていくことがほとんどです。

飲みすぎていない、かつ授乳のたびにゲップもしっかりさせているのに吐き戻しが多いなど、もしかして胃食道逆流? という疑いがあるときは、胃の中に入る乳の量を少なくすることが大切です。1度の授乳量を目安とされる量より少し減らし、その分授乳回数を1~2回増やすよう工夫してみましょう。また、授乳後は縦抱きの時間を長くすると、重力の関係で吐き戻ししにくくなります。

胃食道逆流(GER)が繰り返し起こる場合は上の対策をほどこしつつ、かかりつけの医師にも相談して検査を受け、今後のアドバイスを受けるようにしてください。

まとめ

生後間もない新生児期に吐き戻しが多いと、ママは不安になってしまうでしょう。でも、だらだらと乳を垂れ流す溢乳(いつにゅう)であれば、生理的な現象なので心配することはありません。特別な対処も必要ないですが、寝ている間に吐いてしまう可能性を考え、授乳直後は顔だけを横に向かすなど対応しましょう。
吐き戻しの場合は主に3つの原因が考えられるので、どのような要因による吐き戻しかを見極め、適切に対応することが大切です。対策しても吐き戻しが一向に改善されないときは、かかりつけの小児科や地域のサポート施設に相談してみてください。また、吐き戻しとともに不機嫌、飲まない、発熱、下痢など他の症状が見られるときも、すぐに医療機関を受診しましょう。

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]慶應義塾大学病院 KOMPAS「胃食道逆流症(GERD)」
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000115.html

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

授乳はママも赤ちゃんも幸せな気持ちになれるというイメージがありますが、中には反射によって授乳する時に不快感やつらい気持ちになるママもいます。ここでは、こうした気持ちの原因になる「不快性射乳反射」についてお話しします。


【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【医師監修】沐浴はいつまで? 一緒に入浴するときの注意点とポイント

【医師監修】沐浴はいつまで? 一緒に入浴するときの注意点とポイント

入院中に指導を受けることも多い赤ちゃんの「沐浴」。退院したらいつまで続ければいいのでしょうか。大人と一緒に入浴するようになったら、どんなことに気を付ければいいのかも気になりますね。ここでは沐浴の意義や期間、赤ちゃんと一緒に入浴するコツと注意点についてまとめました。


【医師監修】新生児の頭囲はどのくらい? 頭の大きさと関連する病気とは

【医師監修】新生児の頭囲はどのくらい? 頭の大きさと関連する病気とは

「うちの子の頭は大きすぎる?」「この子は頭が小さいかも……」。生まれたばかりの赤ちゃんを前にすると、さまざまなことが気になるものです。ここでは新生児の頭囲の平均値や頭囲と関係する病気についてまとめました。


ウィメンズヘルスリテラシー協会が母乳・育児の基本を理解するオンライン講座開催

ウィメンズヘルスリテラシー協会が母乳・育児の基本を理解するオンライン講座開催

一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会は2020年11月26日(水)20時から、有料オンライン講座「母乳・育児に必要なリテラシー」を開催します。


最新の投稿


【ハッと我に帰って後ろをみたら……】子供のティッシュ飛ばしにアドバイスしたら夢中に

【ハッと我に帰って後ろをみたら……】子供のティッシュ飛ばしにアドバイスしたら夢中に

Instagramで子育て漫画を発信されるミハイロさん。ミハイロさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

やさしい味わいと甘い香りで人気の高い桃ですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。離乳食に詳しい管理栄養士が、桃を使う際の注意点などを解説します。魚や肉を使った桃の離乳食レシピもご紹介しますので、一度試してみてくださいね。


離乳食のぶどうはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のぶどうはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

甘酸っぱくて、香りが良くて、年代問わずファンの多いぶどうですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。窒息を防ぐためのぶどうの切り方や、「レーズンはOK?」「皮はどこまでむく?」などよくある離乳食のぶどうについての疑問などと併せて解説します。記事の最後で紹介するぶどうの離乳食レシピもチェックしてくださいね!


離乳食の柿はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の柿はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

秋になると店先でよく見かける柿は、いつごろから赤ちゃんでも食べられるのでしょうか。柿の開始時期目安とともに「干し柿はOK?」「柿は冷凍保存できるの?」など、離乳食で柿を取り入れる際の疑問にお答えします。離乳食の柿レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


離乳食のスイカはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のスイカはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

夏の風物詩とも言えるスイカですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。今回は離乳食でのスイカの下処理のコツや加熱の必要性などについて解説します。スイカの離乳食レシピもご紹介しますので、ぜひ家族でおいしいスイカを楽しんでくださいね。