【医師監修】新生児の育児ストレスやイライラが辛い。よくある悩みと乗り越え方

【医師監修】新生児の育児ストレスやイライラが辛い。よくある悩みと乗り越え方

新生児育児はとてもハード。寝不足、イライラ、初めての経験で不安ばかりです。でも実際、たくさんのママたちがこの時期を乗り越えて子育てをしているのです。よく耳にする新生児育児の悩みとそれを乗り切る術などをご紹介します。


この記事の監修ドクター
おひさまこどもクリニック 金髙太一先生
聖マリアンナ医科大学医学部卒業、横須賀共済病院小児科医長を経て、おひさまこどもクリニックを開院。十条駅すぐ。小児科専門医。3児の父。感染症、アレルギーが得意です。HPも自信作です、ご覧下さい。
http://ohisamakodomo.com/

ママのお腹の中で一緒に過ごしたおよそ10ヶ月。夢にまで見たかわいい我が子との幸せな生活……。出産を経験したママなら期待に胸を膨らませてその日を待ったはずです。

しかし、現実はそんなに甘くなかった! 産まれてすぐからの母子同室……おっぱいが張って痛すぎる体験…噂に聞いていた3時間おきの授乳……。まさか新生児育児がこんなに辛いなんて。そう感じたママ、ここではみなさんに共感してもらえるであろう「新生児育児のストレスあるある」や「乗り切り方」などを解説していきます。

何より大変な新生児育児

Getty logo

※画像はイメージです

壮絶な痛みに耐えて我が子を抱いた瞬間のあの感動は計り知れないものですよね。これからきっととっても楽しくて充実した毎日がやってくるんだ……と思っていたのも束の間。出産後のママに「休み」なんて言葉はありません。

初めてのおむつ替え

赤ちゃんとの生活で欠かせないのがおむつ替えです。母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんも、ちゃんとうんちをするんですよね。そんな感動をしている間にも、緩いうんちは背中まで流れていきます。おむつ替えのたびにうんちをしていることも多く、毎回肌着を取り替えることも。1日に何度もしなくてはいけないおむつ替えだけにとっても大変な作業です。

背中にスイッチがついてる!? 寝かしつけは大変!

背中スイッチ……。抱っこされて寝ていた赤ちゃんが、布団に寝かせるとスイッチが入ったように起きることです。ママのほとんどがこのスイッチに悩まされたのではないでしょうか? 抱っこしてしばらく腕の中で寝ているので、寝入ったなと思ってベッドに寝かせると起きてしまう……の繰り返しで、1度起きると寝付くまでに時間がかかります。ストレスはたまる一方で、どうして寝てくれないの? とイライラしてしまいますよね。

赤ちゃんがすぐに起きてしまう原因は、温度差、環境の変化だと言われています。抱っこで心地よい温度だったのに布団に寝かさせるとひんやりとしているので目が覚めるようです。

こんな時は抱っこをする時におくるみやトッポンチーノでくるんであげて、眠ったらそのまま寝かせると温度の変化もほとんどなく、くるまれている安心感から起きにくいそうです。

このほかに添い乳という手もあります。添い乳は子供の手を下に敷いてしまいそうとか、うっかり自分まで寝てしまって上に乗ってしまったらどうしようとか不安でいっぱいです。ですが、すぐに慣れるようで実践しているママはたくさんいます。

赤ちゃんは授乳でお腹いっぱいになり眠たくなります。姿勢も変わらないし、ママのぬくもりもそのままなのでぐっすりです。ただ、添い乳は赤ちゃんがゲップをする機会がないので、吐き戻したりすることが多くあります。赤ちゃんが、ある程度自分で上手に空気を抜くことができるようになった頃に実践するといいかもしれませんね。

とっても痛い! おっぱいトラブル

赤ちゃんを授かり、授乳をすることは母親として幸せを感じる瞬間ですね。しかしこの授乳も初めてのことでトラブルがたくさんあります。

カチコチおっぱいを乗り越えて……

授乳前のガチガチおっぱいにビックリしたママも多いはずです。出産後2~3日ほどで母乳が出始めます。その母乳が出されない状態が続くことでおっぱいがガチガチに固くなり激痛に襲われるのです。おっぱいに詰まった母乳を出すためにマッサージをするのですが、このマッサージは本当に痛い……。この激痛に耐えてようやく赤ちゃんに母乳をあげることができるわけです。

慣れない授乳に困難続き!?

産まれたばかりの赤ちゃんは上手に乳首をくわえられる子もいればそうでない子もいます。それにくわえて飲む量も微々たるものです。このために外に出されない母乳は溜まり、おっぱいが張ってしまいます。おっぱいが張って痛いときは胸を冷やすといいそうです。タオルに包んだ保冷剤などでおっぱいを冷やすと痛みも和らぎます。

おっぱいの張りの対処法で一番良いのは、赤ちゃんに飲んでもらうことです。しかし赤ちゃんがお腹いっぱいだったり、寝ているときはそうもいきませんね。そんなときは手で搾るか搾乳器(さくにゅうき)を利用しましょう。搾乳器も手動のものや自動で吸い取ってくれるものなど、いろいろありますので良さそうなものを探してみてくださいね。ママの数だけトラブルがあってみんなそれぞれに乗り越えて上手に母乳をあげられるようになっていくようですね。これらの対応でもまだつらいときは、助産師さんに相談したり、産婦人科や小児科のクリニックを受診してください。

うわさに聞く深夜の授乳

おっぱいの悩みはまだまだ尽きません。新生児育児の中で、多くのママが悩んでいるのが「深夜の授乳」かもしれません。やっと眠ったと思い自分も寝ついた頃にお腹がすいた赤ちゃんは起きます。眠い目をこすりながら、自分もふらふらしながら授乳します。赤ちゃんはまだまとめて飲めません。寝不足で大変かと思いますが、夜の授乳は母乳量を増やす効果もありますので、なんとかこの時期を乗り越えてください。

誰かに甘える器用さも必要

子供を産んでからというものママには一人の時間はほとんどありません。ちょっと座ってゆっくりしようと思った瞬間や、家事をしている最中でも関係なく赤ちゃんは泣きます。ちゃんとご飯も食べられない、ゆっくりトイレも入れない、当たり前の日常が送れないのです。泣くことでしか自分の要求を表現できない赤ちゃんに24時間ずっと対応しなくてはならないこの辛さは、出産経験者にしか分からないのかもしれませんね……。

一人でできない時もある……辛い時は周囲にお願いして

育児が本当に辛いと思ったら誰かに助けを求めてください。パパでも、自分の母親でも、友達でも、自分の話しやすい人に相談することをお勧めします。1ヶ月健診や新生児訪問指導を利用して相談するのも良いでしょう。精神的に不安定になっているときは何でも悪い方に考えがちです。話を聞いてもらうだけでも全然違うはずです。もし誰かに自分の気持ちを素直に話すことができたら、さりげなくお願いしてみましょう。きっと助けてくれるはずです。

一番身近で、でも一番言いにくいのは「パパ」かもしれませんね。仕事で疲れて帰ってきているのに何かお願いするのも気が引けるというママもいるかもしれません。でも、パパも赤ちゃんの親なのです。育児を協力してくれるよう話してみましょう。それにパパも具体的にお願いされたほうがやりやすいというのもあるようです。

パパだって、ママと同じように新米パパです。実際何を手伝ったらいいのか分からないというパパの意見も耳にします。それにパパが育児に積極的になってくれたらママもパパも赤ちゃんも家族全員が幸せですよね。辛い育児を二人で乗り越えるのも絆を深めるのにいいかもしれません。とにかく一人で抱え込むのではなく、勇気をもって甘えてみるのも時には必要です。

【医師監修】育児に疲れてもう限界! イライラ・モヤモヤを解消する方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1212

初めての慣れない育児にストレスを感じたり、育児を手伝ってくれないパートナーにイライラしたり……。子供の笑顔や成長に喜びを感じる一方、育児疲れで心が不安定になっているママも少なくないようです。子育て中に感じるイライラやモヤモヤは、どうやって解消したらいいのでしょうか? さまざまなストレス解消法を紹介します。

貴重な時間。我が子との密な時間を楽しんで! 

大変な日々かもしれませんが、新生児の育児は子供の一生を考えるとほんの少しの時間。今はとても大変でストレスが溜まりイライラしてしまうこともあるかと思いますが、あのかわいさ、肌の柔らかさ、赤ちゃん独特の匂いなど、この時期ならではの貴重な経験もあるはず。子育ての悩みは尽きませんが、たくさんのママが笑顔で楽しく過ごせるといいですね。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.18)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

ワコールとベビカムは、「子育てと仕事の両立」に関する調査を行いました。


時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

時短&手軽に美肌へ! 1本で5つのケアを実現“敏感肌用クレンジング”が登場 

コンビの化粧品ブランド「NANAROBE(ナナローブ)」から、洗浄とうるおいを両立したクレンジング「マイクロバイオプロモート クレンジングジェル」が、公式オンラインショップにて、 6月5日より販売されます。


外出時のおむつ替えがスムーズに! 「サコッシュplus」がアカチャンホンポから発売

外出時のおむつ替えがスムーズに! 「サコッシュplus」がアカチャンホンポから発売

赤ちゃん本舗は創業88周年を記念して、アカチャンホンポオリジナル商品「サコッシュplus」を6月1日より発売されています。


新生児から長く遊べる! 脳と全身の運動に「ニギュッテケッテ」登場

新生児から長く遊べる! 脳と全身の運動に「ニギュッテケッテ」登場

ピープルの乳児玩具「うちの赤ちゃん世界一」シリーズから、 「ニギュッテケッテ」が、5月中旬より販売されています。


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


最新の投稿


【医師監修】葉酸を食べ物から摂る時の注意点、葉酸サプリを選ぶポイント

【医師監修】葉酸を食べ物から摂る時の注意点、葉酸サプリを選ぶポイント

妊娠を計画中の女性や妊婦さんに欠かせない栄養素「葉酸」はサプリメントからの摂取も推奨されていますが、基本となるのはやはり食事からの摂取。葉酸を食事から摂取する際の注意点や上手な摂取方法などをまとめました。


約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

約9割のママが不安を感じると回答! 子育てと仕事の両立、うまくいく秘訣は? 

ワコールとベビカムは、「子育てと仕事の両立」に関する調査を行いました。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】臨月の運動は陣痛を促す? その効果と正しいやり方

【医師監修】臨月の運動は陣痛を促す? その効果と正しいやり方

臨月になると「まだ赤ちゃんが降りてこないの? じゃあ運動しないとね!」と声をかけられることがあります。臨月の運動には、本当に出産を早めたり、陣痛を促す効果があるのでしょうか? おすすめの運動や運動にあたっての注意点なども説明します。


【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

【医師監修】妊娠1ヶ月に自覚症状はある?母体の変化と兆候(妊娠0週,1週,2週,3週)

妊娠1ヶ月は排卵、受精、着床と進むころ。妊娠を判定できるのはもう少し先で、ママにも自覚症状はほとんどありません。とはいえ妊娠の可能性があるなら感染症の予防に努め、タバコやお酒もストップ。葉酸の摂取も意識したい時期です。