お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 カップル

【男女脳の違い】男女別、相手にささる褒め言葉

黒川伊保子

よくある男女のすれ違いやケンカの原因を、「男女脳の違い」から解き明かす本連載「教えてイホコ先生! 男ってなに考えてるの?」。女性が理解できない男性の行動について、人工知能研究者であり、脳科学コメンテーターの黒川イホコ先生が解説&アドバイスします!

みなさんは男性の心を掴む褒め言葉「さしすせそ」をしっていますか? 「さ=さすが」「し=知らなかった」「す=すごい」「せ=センスいいですね」「そ=そうなんですか」。これらのワードは一般的に支配欲が強く、主導権を握りたい男性には効果的な褒め言葉です。しかし上記の「さしすせそ」を女性に使ったらどうでしょうか? きっと女性にはあまり響かないでしょう。そう、男女で嬉しく感じる褒め言葉は違うのです。

そこで今回は、「男女別、相手にささる褒め言葉」について、黒川イホコ先生にお聞きしました。

男女別、相手にささる褒め言葉

■イホコ先生の解説

●「一番」になりたい男性脳、「唯一」になりたい女性脳

「こんなすごいの初めて」「私の人生で一番」「チャンピオンだって、これだけはあなたに負けるわ、まじ」

これらは、今週、私が実際に使った言葉です。ダンスの相方が、劇的な進化を遂げたからで、歓心を買おうと思ったからじゃなく、本当に素直に心の底から出た言葉でした。

その彼から返ってきたのは、「イホコさんとだけだよ。誰とでもこんなふうに踊れるわけじゃない」という言葉でした。

「あなたが一番」に「きみだけ」を返してもらえるなんて……! 至福の一往復でした。

このやりとり、脳科学を知らなくたって、私たちの幸福感は伝わると思いますが、脳科学を知っていたら、もっと「よかったね」と思っていただけるはず。この一往復は、男女脳にとって、それぞれ一番嬉しいことばの贈り合いだったからです。男心をしびれさせようと思ったら「ナンバーワンであることを称えること」、女心に深く響かせようと思ったら「オンリーワンであることを知らせること」。このセオリーにのっとっていたのです。

●男はなぜ一番になりたいのか

これはもう、哺乳類の生殖スタイルに起因しています。哺乳類のメスは、一生涯に残せる個体数が限られています。一生殖に長い時間をかけ、何度も命をかけ、子を独り立ちさせるまでに相当の時間をかけます。人類はその最たるもの。このため、生態系を保持しようと思ったら、メスが一定数いないと成り立ちません。一人一人が大事な生殖の担い手なのです。

一方、オスの方は、生殖そのものにかける時間は僅少。その上、ほとんどの場合、いのちに別状はありません。このため、哺乳類のオスは、メス10体に1体もいれば用が足ります。なのになぜ、同数で生まれてくるのかというと、「競争して、競争に勝った優秀な個体」によって生をつなぐため。

つまり、ハーレム型の生殖が、哺乳類にとっては理にかなっていることになります。ヒトもまた、本来はハーレム型のようです。というのも、一緒に暮らす女性同士の生理が揃う機能があるから。触れ合うように共に暮らす女性同士は、互いのフェロモンによって影響を受け合い、排卵のタイミングが揃ってきます。これは、同居のメスたちが一斉に発情し、一斉に子育てに入るためと言われています。複数のメスたちが一緒に赤ちゃんを育てれば、お乳の出が悪い母親がいても、母乳を融通し合って、その家系の子どもたちは全員生き延びることができるから。哺乳類にとっては、大きなアドバンテージなのです。

さて、「競争に勝って、複数のメスを独占すること」を、哺乳類のオスとして、脳の原初的な領域に書き込まれている男たちは、女性の想像をはるかに超えて、「一番になりたい。成果を認められたい」と思っています。

●すべての男性の「ナンバーワン」を見つけてあげる

「あなたが一番」「最高」「すご~い」「はじめて」「しらなかった」などなど、ナンバーワンであることを賞賛する言葉は、いつでも、どんな場合でも、男心をくすぐります。男性はパーツ褒めでも大丈夫。我が家の息子は、いわゆるイケメンではありませんが、あごのラインが美しく、髭の生え方が西洋人のように整っているので、話題はここに集中させます。テレビを観ていても、「この俳優さん、イケメンだけど、髭の生え方が貧相だわ。こういう男は、髭を生やしちゃダメよね。あなたのようじゃなくちゃ」と言いながら息子をふりかえります。

恋人であれ、夫であれ、息子であれ、部下であれ、顧客であれ、友達であれ、男性と主に生きる女性は、それぞれの男性の「ナンバーワン」を見つけ、それをことあるごとに口にしてあげるべき、と、私は思います。それが才覚なら、頼りにすべき。誰かのナンバーワンであることが、どれだけ男性脳を落ち着かせ、安寧にさせ、がんばらせるか……それは、女性たちの想像をはるかに超えます。

●頼りにする、感謝する

職場の男性なら、「○○さんは、企画書のタイトルがいつも素敵ですよね。私の企画書、見ていただけます?」なんて頼りにするのもいいですね。家庭内の男性なら、前にも述べた「定番の責務」。蕎麦をゆでる、コーヒーを入れる、風呂場のかびとりなどなど、「ひとつのことに凝りやすい」男性脳が得意とすることを丸投げして、頼りにすること。そして重要なのは、「こんなコーヒー、私には入れられない」「こんなにぴかぴか。こんなこと、普通はできないよ~。ありがとう~」と、ナンバーワン・ワードをちらつかせて、お礼を言うことです。男性の「一番になりたい」はハンパじゃない。世界一じゃなくても、家庭一でも効きます。

彼が何かの記録や勝負に挑戦しているのなら、一番のファンでいてあげることです。たとえ彼が負けても、「それでも、あなたが一番かっこよかった」と言ってあげたいですね。切ないくらいにナンバーワンになりたい男性は、自分にことをナンバーワンだと思ってくれる女性を絶対ないがしろにはできないもの。母と息子でもそうです。

これ、作戦でするのは、すこし小狡い感じがするけれど、でもね、大切な人の「ナンバーワン」を見つけて、それを言葉にする癖をつけると、それは、やがて、小賢しい作戦なんかじゃなくなります。脳が自然に人をいいところを認知する回路にかわるので、愛にあふれた人になる。周囲が素敵に見えてきて、結果、あなた自身がうんと素敵に見えるようになります。

●そんな女はお前だけだ

一方、女性脳は、「君がクラスで一番」とか言われても、まぁ、嬉しいものの、そこまでじゃないはず。それよりも、「そんな女は、きみだけだ」と言ってもらう方が、感動しませんか? ちゃんと向き合ってくれない男子に、「あなたにとって、私なんて、どうでもいいんでしょう? 一緒にいても意味ないよね」なんて、悲しいセリフを言ったとき、「バカ言うなよ、一緒にいるだけで意味がある。そんな女はお前だけだ」なんて言い切ってくれたら、一生ついていけるのに、って思いません?

男は「一番」と言われるのが嬉しいので、女にもそれを言えばいいと思ってる。「営業成績が一番」なんて、女性にとっては、褒め言葉でも何でもないのに。そして女も「おまえだけ」と言われると嬉しいので、男にもそれを言いたがる。男性にとっては、ときには、重たく感じるセリフなのに。

このように、男と女では褒められて嬉しいポイントが違います。それなのに自分と同じと思い込み、お門違いな褒め言葉を言い続けても、いつまでたっても相手の心はつかめません。しかしその違いを知っていたら、男心(女心)は自由自在。一生、忘れないでくださいね。

<女性がとるべき行動>
・彼の「ナンバーワン」なところを見つけてそこを褒める
・なにがあっても彼の一番のファンでいてあげる

<NG行動>
・彼の「オンリーワン」なところを褒める

(文/黒川伊保子 イラスト/地獄カレー)

次回の「教えてイホコ先生! 男ってなに考えてるの?~男女脳はこんなに違う~」は、6/27(月)更新予定です。お楽しみに!

>>>バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]