お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自宅で簡単。がんリスク検査サービス「サリバチェッカー®」発売開始

#ヘルシーニュース

エボル

慶應義塾大学先端生命科学研究所発のベンチャー企業であるサリバテックは10月5日、がんリスク検査サービス「サリバチェッカー®」をより多くの人へ届けるべくECサービスをリニューアルし、オンライン完結型の「WEBダイレクト」を提供開始しました。

がんリスク検査サービス「サリバチェッカー」とは

だ液中の代謝物の濃度を高精度に分析し、がんの異常値を示す物質の濃度を AI 等で解析することで、現在のがん罹患リスクを評価します。

自宅でだ液を採取し、サリバテックへ発送することで検査が完結するので、からだに負担をかけることなく、一度の検査で複数のがん(男性:肺がん、胃がん、大腸がん、膵がん、口腔がんの5種、女性:乳がんを加えた6種)それぞれのリスクを検査することが可能です。

また、検査結果を確認した後にリスクのある人が適切に医療機関を受診し精密検査等を受けることで、早期発見と早期介入に寄与します。

今回、完全オンラインで検査結果が確認できる「マイページ・システム」を新たに開発し、よりユーザーにとって使いやすいサービスを提供していきます。

「サリバチェッカー」開発の経緯

「サリバチェッカー」は同社代表で医師の砂村さんが「もっと早い段階で、がんを発見することができたら……」という医師としてのつらい経験と、一人でも多くの患者さんを救いたいという強い想いから、生まれた製品です。

慶應義塾大学、東京医科大学と共同で研究を重ね、患者さんから採取した少量のだ液から、複数のがんのリスクがわかる「サリバチェッカー®」が開発されました。

がん検診などでは不安な方は、自宅で手軽にチェックできるので、検討してみてはいかがでしょうか?

商品概要

サリバチェッカー新ECサイト「WEBダイレクト」
URL:https://lp.salivachecker.com/
通常価格:26,400円

※キャンペーン価格:19,800円
※同キャンペーンは予告無く終了することがあります。

(エボル)

 

※この記事は2023年10月13日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ヘルシーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE