お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

わざと好きバレするメリットとは? 方法や注意点も解説

なかむらみほ

好意が相手に知られることを「好きバレ」といいますが、これをわざとするメリットはあるのでしょうか? また、わざとするにはどんな方法があるのでしょう。この記事では、わざと好きバレする利点と方法、注意点を紹介します。

好きバレとは、好意があるのを相手に知られることですが、多くの人は「恥ずかしい」「好意を知られたくない」と思うのではないでしょうか?

しかし、好きバレは恋愛を進展させるためのテクニックとして活用することもできるのです。

この記事では、わざと好きバレするメリットとその方法、注意点について紹介します。

わざと好きバレするメリットとは?

わざと好きバレするのには、どんなメリットがあるのでしょうか?

(1)恋愛対象として意識してもらえる

好意があることをあえてバラすことによって、相手はあなたのことを意識し始める可能性があります。

最初のうちはその意識が恋愛対象としてではないとしても、頻度や期間が増すごとに感情が変わってくることも。

友達から恋愛関係に進展したい場合は、特に関係性を変えるチャンスになるでしょう。

(2)恋愛が進展するきっかけになる

恋愛関係に発展するには、今の関係を打破するためのきっかけが必要です。

その点において、わざと好きバレをすることは起爆剤となることもあります。

好きバレすることで、何とも思っていなかった相手を意識するようになったり、相手が自分と同じ気持ちでいることを知って行動する勇気になったりするのです。

(3)恋のライバルをけん制できる

わざと好きバレすることは、恋のライバルをけん制する効果もあります。

意中の相手にだけでなく周囲の人たちにも好きバレをすることで、堂々とアプローチがしやすい環境をつくれるのです。

(4)周囲に協力してもらえる

ライバルをけん制できると同時に、協力者を得られる効果もあるでしょう。

恋を応援してくれる味方がいるというのは、片思い中の人にとってとても心強いはず。

いざという時に背中を押してくれたり、好きな人の情報をくれたりするかもしれません。

自然にわざと好きバレする方法

好きバレのメリットを享受するには、ごく自然に思いをアピールすることが大切です。ここでは、ナチュラルにわざと好きバレするためのコツを紹介します。

(1)ひんぱんにLINEを送る

好意をアピールする鉄板の方法は、あなたからひんぱんに連絡をすることでしょう。

たわいない内容のLINEをこまめに送ったり、やりとりが続くように質問をしたりするのがポイント。積極的に連絡をすることで「もしかして、気があるのかな?」と気付いてくれるかもしれません。

ただし、LINEのやりとりが苦手な人もいるので見極めは必要です。相手の性格やペースに合わせて頻度は調整しましょう。

(2)目を合わせる・そらす

ふと目が合った時に、あなたの方からにこりとほほ笑んで好意をアピールするのもおすすめです。話をする時は、相手の目をじっと見つめて誠実さをアピールするのも良いでしょう。

逆に、目が合った瞬間、恥ずかしそうにそらすのも自然に好きバレするためのテクニック。

目線を上手に使うことで、相手にとって気になる存在になれるかもしれません。

(3)2人きりで遊びに誘う

わざと好きバレするには、時に思い切ったアクションも必要です。

意中の相手をデートに誘って、好意があることをアピールしましょう。この時のポイントは、あくまで2人きりで出掛けるということ。

恋愛対象として見ていることを、行動で分かりやすく示してみてください。

(4)積極的に相手を褒める

積極的に相手を褒めることでも、自然に好きバレできるでしょう。

単純に「センスがいい」「優しい」と褒めるのも良いですが、「○○さんのそういうところが好き」などややストレートな言葉で伝えるのも効果的。

褒める内容は、外見のことよりも内面を重視し、同じ職場であれば仕事ぶりについて触れるのもおすすめです。

(5)特別感のある言葉を掛ける

誰にでもは言わないような、少し特別感のある言葉を掛けるのもわざと好きバレするには効果的です。

例えば、「一緒にいると安心する」「○○さんと話すと楽しい」など。他には、悩み事を相談してみるのもおすすめです。

とにかく、「あなたは特別な存在だ」ということをアピールしてみましょう。

(6)笑顔を心掛ける

好きな人といる時は笑顔を忘れずにしましょう。基本的なことではありますが、好意をアピールするにはとても重要なこと。

いつも笑顔で過ごすことで、相手は「楽しんでくれている」「少なくとも嫌われてはいないようだ」と感じてくれるはずです。

次のページを読む

SHARE