お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上弦の月が持つスピリチュアルな意味3つ。おすすめの過ごし方も紹介

LIB_zine

上弦の月は、スピリチュアル的な意味を持つと考えられています。今回は、上弦の月が持つ意味や上弦の月が出る日に起こるとされる変化、おすすめの過ごし方について紹介します。

月は、スピリチュアルの世界においてとても重要な星。満ち欠けの状態によって、さまざまな意味を持つと考えられています。

今回は、上弦の月が持つ意味や上弦の月が出る日に起こるとされる変化、おすすめの過ごし方について紹介します。

上弦の月とは? 2022年下半期の上弦の月はいつ?

まずは、上弦の月の定義と時期を確認しましょう。

上弦の月は右側が輝いて見える月

月は、約29.5日の周期で満ち欠けを繰り返しています。

上弦の月は、新月から徐々に月が満ちていき、満月となるまでの間に見られる月。右側半分が輝いて見えるのが特徴。

参考記事はこちら▼

上弦の月について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

ちなみに、満月から新月までの間に見られるのが、下弦の月です。上弦の月と反対に、左側半分が輝いて見えます。

2022年下半期に上弦の月となる日

2022年下半期に上弦の月が見られる日は、以下の通りです。

・7月7日

・8月5日

・9月4日

・10月3日

・11月1日

・11月30日

・12月30日

上弦の月が見られる日は基本的に月1回です。しかし、月の満ち欠けの周期は約29.5日と1カ月より少し短いため、2022年11月のように2回見られることもあります。

次ページ:上弦の月が持つスピリチュアルな意味3つ

SHARE