お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上弦の月が持つスピリチュアルな意味3つ。おすすめの過ごし方も紹介

LIB_zine

上弦の月が昇る日の過ごし方

上弦の月が出る日は、どのように過ごすと良いのでしょうか。

(1)目標を再確認する

上弦の月には、私たちの行動力を高めるパワーがあるとされています。

そのおかげで目標に向かって動き出しやすいというメリットがある一方、行動力が高まりすぎると無謀なチャレンジをしてしまう可能性も。

向こう見ずな行動を取らないよう、「自分が本当に達成したい目標は何か」を再確認することが大切です。

(2)断捨離をする

スピリチュアル的に、上弦の月が出る日は決断力が高まるタイミングです。自分にとって必要な物と不要な物をはっきり区別できる日ともいえるでしょう。

そのため、断捨離をして過ごすのもおすすめ。思い切って不要な物を処分すれば、家に流れる気を浄化できるかもしれません。

上弦の月が昇る日は目標に向けて動き出そう

上弦の月が昇る日は、欠けた月が再び満ちるように、私たちのエネルギーがふつふつ高まっていくタイミングだとされています。

行動力や決断力も高まるため、これまで停滞していた物事が一気に動き出す可能性も。

勢いのまま突っ走らないよう気をつけつつ、目標に向かって行動してみましょう。

(LIB_zine)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月27日に公開されたものです

LIB_zine (スピリチュアル専門編集プロダクション)

LIB = Life is beautiful
zine = magazine

よりステキな人生を送りたい、悩める女性達へ。スピリチュアルに触れて、もっと前向きなあなたに。

この著者の記事一覧 

SHARE