お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Cカップは小さいの? バストの平均&理想のサイズをアンケート調査

山本茉莉

Cカップというと、どれくらいの大きさなのでしょうか? また、Cカップの人はどれくらいいるのでしょうか? 今回は、Cカップの定義や大きさなどを解説。また、バストの平均&理想サイズを調査した結果も紹介します。

Cカップを「大きい」と感じる人も「小さい」と感じる人もいます。

では、実際にCカップとはどれくらいの大きさなのでしょうか? また、同じバストサイズでも違う印象に見えるのはどうしてなのでしょうか?

今回は、Cカップの定義や大きさが違って見える理由などを解説。また、バストの平均&理想サイズを調査した結果も紹介します。

Cカップの大きさってどれくらい?

実際のところ、Cカップはどれくらいの大きさなのでしょうか? ここでは、Cカップの定義について、大きさ&重さを身近な物に例えつつ紹介します。

定義は「トップバストとアンダーバストの差が14〜16cm」

ブラのカップサイズは、トップバストとアンダーバストの差で決まります。ちなみに、トップバストは胸の一番高い部分、アンダーバストは胸のふくらみの直下です。

Cカップは、トップバストとアンダーバストの差が14〜16cmとなるサイズ。例えば、トップが89cmでアンダーが74cmの場合は、「89cm-74cm=15cm」なのでCカップとなります。

また、重さは両胸を合わせてだいたい500g前後とされています。

Cカップの大きさと重さを分かりやすく例えると?

Cカップの大きさと重さを身近な物で例えると、以下のようなイメージになります。

大きさを食べ物に例えると「肉まん」

Cカップの大きさを食べ物に例えると、肉まんほどだといわれています。片手に収まるくらいのサイズ感ですね。

重さを果物に例えると「りんご2個分」

Cカップの重さを果物に例えると、だいたいりんご2個分だとされています。その他には、500mlのペットボトル1本分くらいともいわれています。

同じCカップでも違う大きさに見えるのはなぜ?

友達と同じバストサイズのはずなのに、大きさが違うように見える……。このような経験をした人がいるかもしれません。

前述したように、ブラのサイズはトップとアンダーの差によって決まります。しかし、カップサイズが同じでも、胸の形や骨格によって見た目の印象は変わるもの。

そのため、例えば同じCカップでも、Bカップ以下に見えたりDカップ以上に見えたりする場合があるのです。

次のページを読む

SHARE