お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「思慮深い」の意味とは? 性格の特徴と思慮深い人になる習慣

hasemana

「思慮深い」という言葉の意味を正しく理解できていますか? また、思慮深い人とはどのような特徴を持つ人のことなのでしょうか。この記事では、思慮深い人の特徴やメリット・デメリット、また思慮深い人になるためのコツも紹介します。

「思慮深い」とは、じっくり考える様子を表す言葉。

「思慮深い人だ」などと使われることもありますが、思慮深い人には具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

本記事では、「思慮深い」という言葉の意味から、思慮深い人の特徴とメリット・デメリットなどを紹介します。

また、思慮深い人に近づくための習慣も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

思慮深いとは?

まずは「思慮深い」という言葉の意味や使い方、類義語などを見ていきましょう。

「思慮深い」の意味

「思慮深い」という言葉は、辞書によると以下のように説明されています。

 

しりょ‐ぶか・い【思慮深い】

[形][文]しりょぶか・し[ク]物事を注意深く、十分に考えるさま。「軽薄そうに見えてなかなか—・い性格だ」

(『デジタル大辞泉』小学館)

つまり「思慮深い人」とは、ただ考えるだけではなく、物事の意味や状況を把握して深く考える人のことといえるでしょう。

「思慮深い」の類義語

「思慮深い」と似た意味を持つ言葉として、以下などが挙げられます。

・洞察に富んだ

・考え抜かれた

・分別(ふんべつ)を持つ

いずれも、「慎重に観察したり考え抜いたりする」といったニュアンスを持つ言葉であるといえるでしょう。

思慮深いの対義語

「思慮深い」の対義語として、「浅はか」「浅慮(せんりょ)」などが挙げられます。

これらは、考えが浅いことを意味する言葉です。

また、物事を十分に考えなかったり、注意深く検討しなかったりする人のことを「思慮が浅い人」と表現することもあります。

次ページ:思慮深い人の特徴7選

SHARE